日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • 日本で最多高額当選者が出る売り場で宝くじ購入代行します!【ドリームチャンス】

読書

お金持ちになれる人、なれない人のレビュー

更新日:

スポンサーリンク




お金持ちになるためのギブ&ギブの黄金律

お金持ちや富裕層は付き合う人を選んでいる。

お金持ちや富裕層は必ず、周囲の人たちと有効な人間関係を構築している。
逆に言うと、人間関係がぎくしゃくしている人で、お金持ちはいないということになる。

つまり周囲の人たちと良い人間関係を築くことにこそ、お金持ちの第一歩なのだ。
ここで注意してほしいことは、周囲の誰とでも仲良くすれば良いということではない。

世の中には自分の相性と会わない人もいるし、職場の上司と反りが合わない場合もあるだろう

そこで我慢して、ストレスをため込んで良い人間関係を気付こうとしても無理がある。

ではどうしたらよいだろうか。

お金もちや富裕層はどんな人でも仲良くしているわけではなく、実は付き合う人を選んでいるのだ。

自分と相性kが良く、自分の為になる人と良い人間関係を築くのはそれほど難しいものではない。
むしろ楽しくて、すぐにまた会いたくなるような気持をさせてくれるはずだ。

そんな人付き合いが出来れば自分にもプラスになる感動体験もたくさんできて脳にドーパミンが分泌してやる気も沸いてくる
というわけだ。

先に与えることが良い人間関係を気付く

お金持ちや富裕層の人たちは、常に相手の立場に立って理解するスキルが高い。
相手が何を考えて、どんなことを望んでいるか直感的に分かるらしい。
そして、それにこたえるべきすぐに行動するので、良い人間関係が気づけるのだ。
いくら相手の気持ちを理解しても言動や行動にならなければ効果はゼロになる。

あうんの呼吸とはだれとでも築けるものではなく、まずは言動と行動ありきなのだ。

よく「ギブ&テイク」といわれるが、お金持ちや富裕層の場合は「ギブ&ギブ」で、常に見返りを求めないで行動している。

「これだけしてやったのに何のお礼も見返りもない」などど不満を漏らすのは貧乏な人たちで、その言葉を口にしていまえば、
人間関係は必ず壊れてしまう。

動物、とくに人間は施しを受けたことは覚えているもの。そして、相手に対して親しみと感謝の気持ちを持つのだ。

だからこそ、まず先に与えるギブことが良い人間関係を気付くきっかけになるのだ。

そんなギブ&ギブの気持ちを持っていれば、相手の悪いところは気にならなくなる、良いところばかり目につくようになる。

そんなあいてを尊重すれば、お互いにリスペクト関係になるので、信頼関係が強くなり、大きな成功につながっていく。

お金持ちに学ぶ日常生活でお金が貯まる習慣の黄金律

失敗を経験した人ほどセカンドチャンスには資金が集められる。

もともと余裕があるお金持ちや富裕層は早くから、その経験を積んで直感が発達しているのだが、失敗を怖がらずに努力していけば、
貧乏な人やお金持ちでなくても養うことが出来る。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-読書

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.