•                 大工の源さんの解析をしています。ぜひご覧になって下さい。

読書

【文章で生きる夢を真面目にかなえてみよう。】

文章で生きる夢を真面目にかなえてみよう。

文章で生きる夢を真面目にかなえてみよう。

webライターはどうしたらなれるの

webライターは、名前の通り、Webライタ上で発信する文章でを書く職業です。

もっともイメージできるのは、Webメディアの記事を書く仕事でしょう。

Webには生活や子育て、恋愛や結婚、ビジネスや投資、就職活動や、

受験、住宅やインテリアなど、あらゆるジャンルのメディアがあります。

こうしたメディアの記事を書いているのが、webライターです。

あなたが、スマートフォンやパソコンでチェックしている記事の多くは、

WEBライターが書いたものなんですよ。

ECサイトで商品をアピールする文章を書くのも仕事の一つ。

商品について、担当者と打ち合わせして、「この商品を買ってみたい!」と思ってもらえるような文章にまとめます。

専門的な知識が必要な仕事です。

WEBライターが活躍するフィールドは多岐にわたります。

WEBで発信する文章を書いていれば、すべてWEBライターといえるかもしれませんん。

仕事はどうやって見つける?

WEbに多種多様なメディアがあるということは、それだけ多くの仕事が必要だということ、

Webライターになるのは難しいことではありません。

在宅でできる仕事も多いので、週末の副業でも十分仕事になります。

簡単に仕事を見つけるのであれば、GoogleやYahooでWebライター募集などと検索してみましょう。

膨大な数のページが表示されます。

話題のメディアが「応募資格なし」で募集を行っていることもあるので。

採用されれば、最初から名のあるメディアでかけるかもしれせん。

WEBライターの魅力とは

Webライターという仕事の魅力を簡単に上げてみます。

自分の文章を誰かに読んでもらえる。

趣味を仕事にできる。

いつでも、どこでも仕事ができる。

仕事を通じて様々な世界に触れられる。

フリーランスでも正社員でも働ける。

参入障壁が低いので未経験でもOK

ギャランティや給与という形で確実な収入になる。

1番の魅力は「自分の文章を多くの人に読んでもらえること」でしょう。

WEBライターの主な仕事はメディアの記事を書くこと。

大きなメディアで仕事をすれば、1日数万人に読んでもらえるのも夢ではありません。

そのうち、数パーセントの読者でも「この記事は約にたった」と感じたら、想像しただけでうれしくなりますね。

文章を書いてたくさんの人に読んでもらいたいという人にはたまらない仕事です。

趣味を仕事にできるのも魅力的です。

Webにはさまざまな媒体があります。

自分の好きなことで人より詳しい知識があれば、それを存分に生かせます。

スイーツが詳しいのなら、グルメ系メディア、旅行が好きならトラベル系メディア、社会で起きていることに詳しい

のなら、ニュース系メディアといったように、ある分野に特化したメディアで記事を書けばいいのです。

いつでもどこでも仕事ができるという魅力もあります。

自宅やカフェでも仕事が出来ますし。

砂浜や山の頂上でも仕事が出来ます。

昼間にやりたいことがあるのなら、夜に仕事をしてもいいでしょう。

また、フリーランスのWebライターなら、決まった時間に出社する必要はないので、

海外や地方に住んでいても問題ありません。

著者の周りには、実際に地方で仕事をしているライターが何人もいますよ。

他にも魅力はあります。

著者が挙げたこと以外魅力を感じるWebライターもきっといるはず、それだけたくさんの魅力があるのです。

Webライターは実際、楽しい仕事なのでしょうか。

現役Webライターの筆者が断言しましょう。

Webライターは非常に楽しいです。

控え目にいって最高です。

大好きな文章を書くことでギャランティを頂けて、クライアントからは「いい記事でした」ありがとうございます。

と感謝してもらえて、「あの記事読んだよ面白かった」と友人から感想もらえて、こんな楽しい仕事はありません。

どう控えめに言っても最高です。

もう一つ、筆者が楽しいと感じる要素があります。

Webライターの魅力としても紹介しましたが。

この世界を通じて様々な世界に触れられることです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-読書