•                 大工の源さんの解析をしています。ぜひご覧になって下さい。

日常

【レビュー:儲けの仕組みを読んでみました。良いサービスがありました。】

 儲けの仕組みを読んでみました良いサービスがありました。

儲けの仕組みを読んでみました良いサービスがありました。

儲けの仕組みを読んでみました。

良いサービスがありました。

本が好きな人には良いサービスなので教えようと思います。

自己負担5万円で100人呼べる結婚式

良質なサービスなので特別な人以外クリックしないでください。

会費婚

「会費婚」(http://www.kaihikon.com/)

なんと、自己負担5万円で結婚式が挙げられるサービスです。

「5万円?少し前に流行ってた格安結婚のこと」いいえ、違います。

きちんとした結婚式です。それも100人呼べるような。

いったい、どういう仕掛けになっているのでしょうか。

一般的な結婚式では、式前日までに、ホテルなどの会場側へ費用のすべてを支払うのが普通です。

100人も呼べば、ホテルなどの場合、安くても300~400万円以上。

高級車が買えるほどの金額です。

結果、結婚式=お金がかかるという常識が頭をもたげ、結婚式そのものをあげない人が増えてしまったのです。

会費婚が覆したのが、この常識、次の仕組みになっているのです。

・結婚式の費用は後払い
・自己負担の5万円以外の費用はすべて出席者から「会費」として回収

良質なサービスなので特別な人以外クリックしないでください。

SERENDIP(セレンディップ)

その中で書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」(https://www.serendip.site/)

国内書籍から、海外見翻訳まで、厳選した良書を3千文字のダイジェストにしたものをメールで配信してくれるサービスです。

本の選定には、元出版社編集長や、大学教授、経営者などで構成され、ベストセラーではないなかなか目に触れることがないものを含め、発掘作業が行われます。

メール配信は、週4回。費用は個人のケースで年間3万円(税別)

一見、高いようにも思えますが。ちょっとしたハードカバーのビジネス書20冊分の値段で、週4回×48回

計192冊分に相当する本を読みことが出来ます。

本をたくさん読む人にとってはかなりお得です。

すでに会員数6万人も抱えており、一定の成果を出しています。

美人があなたの悩みに応じた本を選んでくれる。

読まないと損します。(大変申し訳ありません、現在アクセス出来ません。)

「本to美女選書」
本to美女選書

仕組みは明快です。無料の利用者登録をし、悩みを書き込むと1~2週間ほどでその悩みを解決してくれる7冊のリストを送ってくれます。

本そのもの販売されていません。あくまで本の紹介まで。

利用用金は、1回で7冊教えてくれる「一度で解決プラン」で1980円、毎月1冊紹介してくれる「月額プラン」が490円

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-日常