日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

スポーツ

福岡国際マラソン

更新日:




第72回福岡国際マラソン選手権大会(朝日新聞社など主催)が2日、午後0時10分に平和台陸上競技場などを始動した。先頭集団は1時間30分55秒で30キロを経由。20キロまでの各5キロを15分4秒、21~25キロまでは15分3秒と安定したペースで刻んできたが、26キロからの5キロは15分36秒とややペースが遅延始めた。

神野大地、ケニア経由で福岡へ 2日に国際マラソン号砲
 注目選手では、今年4月のボストン・マラソンを制した川内優輝(埼玉県庁)が11キロ過ぎに先頭集団から棄権。12キロ過ぎには、2時間5分台の記録を持つキプルト(ケニア)が道路端に座り込んだ。故障の可能性がある。

 15キロ過ぎに中本健太郎(安川電機)、17キロ過ぎには、16年リオデジャネイロ五輪で4位に入ったゲブレスラシエ(エリトリア)、25キロ手前では神野大地(東京陸協)が遅れ始めた。




 今大会は、2020年東京五輪の代表選考会で来年9月15日に開催するマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権がかかっており、第58回大会(2004年)の尾方剛(中国電力)以来、14年ぶりの日本人優勝にも期待がかかる。

 ほかの日本人の注目選手は、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)、園田隼(黒崎播磨)、服部勇馬(トヨタ自動車)、市田孝、宏兄弟(ともに旭化成)ら。





人気ブログランキング

ランキングに参加しています。クリック応援よろしくお願いします。m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スポーツ

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.