日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

ミニ試乗 レビュー

更新日:




試乗車の「MINIクーパー 3ドア」のボディーカラーは、新色の「ソラリスオレンジメタリック」。人目を引く華やかさと上品さを兼ね備えていて、「小さな高級車」というMINIのキャラクターにバランスが取れている。
2014年に登場した3代目MINIのうち、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」「MINIコンバーチブル」という“3本柱”がマイナーチェンジを受けた。マイチェンにあたっては、冒頭に記した新色の追加のほか、外観にいくつかの変更を受けている。
デイライトランニングランプがヘッドランプの周囲をリング状に囲うようになり、リアのコンビネーションランプがユニオンジャックをモチーフにした意匠に改められた。
というわけで、デビュー4年を経て、新鮮さを取り戻すためのお化粧手入れかと思ってステアリングホイールを握ると、そんなに単純なものではないことがわかった。なかなかに中身の濃いマイナーチェンジだ。
マイチェンのキモは、「ジョンクーパーワークス(JCW)」を除くガソリンエンジン搭載モデルのトランスミッションが、従来のトルコン式ATから7段DCT(デュアルクラッチトランスミッション)に変えられたこと。7段DCTは、すでに「MINI ONE」が先行して搭載しているものだ。
参考までに、JCWには6段MTと8段ATが設定され、ディーゼルエンジン搭載モデルにはトルコン式の6段ATが入れられる。
新しいトランスミッションがMINIクーパー 3ドアの走りにどんな変化を引き起こすのか。楽しみにしながら駐車スペースを出て真っ先に感じたのは、実はデータのやり取りについてではなかった……。

感想

ミニを試乗してみた。

軽自動車と思ったが、普通車でした。
価格帯は中古車が100万~200万
新車は300万~600万

とても素人には買えない価格でした。

乗り心地は、まぁまぁといった具合ではないでしょうか。

世間の評価





人気ブログランキング

ランキングに参加しています。クリック応援よろしくお願いします。m(_ _)m




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.