会社の給料以外にお金を稼ぐ方法を模索して発信しております。

shinn08.com

  • 大工の源さんの解析をしています。ぜひご覧になって下さい。

YouTuber 日常

Youtuberの質問がありましたので書いてみたいと思います。

投稿日:

スポンサーリンク




Youtuberの質問がありましたので書いてみたいと思います。

youtuberの収入の仕組みと平均年収を調べてみました。

Youtuberは一体どれくらい稼いでるんだろう…と気になっているのではないでしょうか?

Youtuberの年収を推定している「TuverTown」のデータを参考にすると、日本のトップユーチューバー100人の平均年収は「約3,200万円」だった。

YouTuberは子どものなりたい職業ランキングでも上位にランクインするなど、今人気の現職です。

そんなYouTuberは、どのような仕組みで売り上げるのでしょうか。

この記事ではYouTuberが稼ぐ仕組み、平均年収、稼げるジャンルなどを詳しく掲載していきます。

気になる「1再生あたりいくらなの?」といった疑問点もすべてお答えしていくので、ぜひお教えします。

①広告収入

皆さんも経験あると思いますが、YouTubeで動画を見ようと言わせれば、まず広告が出回ります。

あの広告を皆さんのようなYouTubeのユーザーが見ることで、YouTuberにお金が入りだすのです。

仕組みは以下のことになります。

企業がYouTubeにお金を支払い自社の製品の宣伝を依頼
YouTuberは動画を投稿し、広告枠を設定する
視聴者が広告と動画を見る
動画の再生回数に応じてYouTubeはYouTuberにお金を分け与える
最近はネットが発達していますので、企業もテレビCMによる宣伝だけでなく、YouTubeでの宣伝活動も行うようになった。

企業がYouTubeに広告宣伝料を支払い、YouTubeはその広告宣伝料をYouTuberに支払うという関係がなります。

動画を見た視聴者に対し商品やサービスをPRすることで、間接的ではありますが、企業側も利益を得てるのです。

「はじめしゃちょー」や「ヒカキン」のようなトップユーチューバーはUUUMという事務所と契約をしており、事務所との分け前は以下のことがほとんどです。

YouTuberトップ100人の平均年収は約3,200万円

日本人YouTuberのTOP100人の中央値を見ると、年収は約3,200万円でした。(参考:TuverTown)

ただし、これはあくまでTOP100人の方の年収で、ランキング1,000位あたりのYouTuberになると年収は15万円いくかいかないかという級です。

本当なら全てのYouTuberに自分の年収を申告してもらって、通常を出したいところです。

しかしYouTuberは最近でてきた職業ですので、まだきちんとした統計を取れる段階にかけていません。

しかも、そもそも現段階では、YouTuberが自分の収入額を公開するのは、YouTubeの規約で禁じられています。

これらを考慮すると、YouTuberの年収の実情を正確に把握することは今のところしんどいです。

YouTuberの収入の特徴として挙げられるのは、 落ち着いていないことです。

会社勤めなら毎月会社から決まった額の給与が支払われますが、YouTuberの場合、動画の再生回数に応じて収入が移行します。

ですから、下は月収0円近くで我慢している人から、上は数百万、数千万と稼いでいる人までいて、年収に大きな幅が出ます。

転職で年収を上げるなら「ビズリーチ」がおすすめ

給料の高い仕事へ転職したいなら、キャリアコンシェルジュの「ビズリーチ」の利用がおすすめです。

ビズリーチはハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した、スカウト型のキャリアコンシェルジュ。

あなたの情報を登録しておけば、ヘッドハンターや企業がそれを見て直接スカウトしてくれます。

会員になれば詳しい求人情報を見ることができるので、興味のある求人に直接応募することも可能です。

利用は一部有料ですが、会員登録だけなら無料で行えるので、ぜひ気軽に申請してみてください。

スポンサーリンク




-YouTuber, 日常

Copyright© shinn08.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.