日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

ドラマ

キムタクドラマ視聴率 

投稿日:

スポンサーリンク




木村拓哉がTBS日曜劇場枠で主演した連続ドラマ『グランメゾン東京』のファイナル日(第11話)が12月29日に30分拡大で放送され、16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)の高視聴率を目標。第10話(同22日)の11.1%から、5.3ポイントものかなりアップで有終の美を飾った。

 同ドラマは初回12.4%で発進し、第2話13.2%、第3話11.8%、第4話13.3%、第5話13.6%と推移。以後、第6話、第7話が共に11.8%、第8話が自己ワーストの11.0%と3週連続で11%台に低迷したが、第9話で14.7%と今作最高を記録。第10話で11.1%と急降下したが、ファイナル日でなんとか格好をつけた。

 全11話の平均は12.85%で、歴代の木村が主演した連ドラ史上、平均視聴率が最低だった『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(2013年10月期)の12.78%をわずかに前の記述回り、ワースト更新はギリギリ回避したが、木村の主演ドラマとしては、大惨敗といっていい数字に終わってしまった。

「最終回の視聴率が良かったのは第一に、前番組の『明石家さんまの爆笑!ご長寿グランプリ2019』が13.1%をマークして、『グランメゾン東京』に“いい流れ”をつくった点が挙げられそうです。これまで、『消えた天才』が打ち切られたこともあり、前番組がとにかく低視聴率で『グランメゾン東京』にうまくつながっていなかった。そして第二の要因として、日本テレビが年末の特番対応で、人気番組の『行列のできる法律相談所』を休止にした点もプラスに働いた。同番組は着実に2ケタを獲っていますから、それが裏で放送されなかったのも強烈だったのでしょうね」(テレビ誌記者)https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_227390/ より引用

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ドラマ

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.