•                 大工の源さんの解析をしています。ぜひご覧になって下さい。

ドラマ

【レビュー:君の花になるの感想】

君の花になるの感想

TBS火曜ドラマ『君の花になる』第7話のあらすじについては、番組HPより引用してお伝えします。

第7話「 涙の告白。あふれ出した本当に気持ち」

弾(高橋文哉)の高校で行われた8LOOMのライブに駆けつけるも、過去のトラウマから校門の前で動けなくなってしまったあす花(本田翼)。

そんなあす花を弾が心配する中、メンバーたちの発案であす花をサプライズで労う「寮母感謝デー」が開催されることに。

そのころ、あす花は香坂(内田有紀)から、寮母としての弾との関わり方に関して釘を刺され、より一層弾への思いを封印しようと決意していた。

そんな中、弾の母校から生徒たちへ向けたビデオメッセージの依頼が舞い込む。
撮影に訪れた教師・池谷(前田公輝)は、あす花が学校を辞めることになったある出来事について、弾たちに話し始め……。

引用元:https://www.tbs.co.jp/kiminohananinaru_tbs/story/

弾ら8LOOM(ブルーム)のメンバーたちが活躍を見せる中、過去の精神的苦痛や香坂から弾との関わり方を指図されたことで、あす花はかなり混乱してしまうようですね。

ようやく弾への恋心を察知したあす花でしたが、思いを封印支える覚悟のようです。

君の花になる7話みました。

感想を書いてみたいと思います。

今回はイケメン達がグループを作って、

問題行動をしていましたが。

互いに弱い部分強い部分を指摘しあって、

一致団結する姿をみてました。

あぁいう一致団結するのは、個人的には、暑すぎてちょっと微妙って思ったのですが。

それでも微妙から、解放的な状況になれてすごいと思います。

一致団結していく姿はとても、いいなぁって思ったりしましたね。

第6話「 8LOOMの時代到来!脱退メンバーとの再会!?」

デビュー曲が3年越しで大ヒットするという快挙が話題となった8LOOMに、メディアからの出演オファーが殺到!
あす花(本田翼)は勢いに乗るメンバーたちを応援する一方、奈緒(志田彩良)に抱きつかれた弾(高橋文哉)を見て、モヤモヤする自分の気持ちに少しず今どきのつ感じる……

弾の多忙によって2人のすれ違い生今流行の活が始まるが、「落ち着いたら、ちゃんとするから」という弾の言葉に、更なる複雑な感想を持つあす花。

、弾そんな中の母校で新のPRも兼ねた凱旋ライブが決定。
元メンバーをライブに誘う曲有起哉(綱啓永)に、栄治(八村倫太郎)が猛反発!?
畳みかけるように寮でとある事件が起こり、メンバーの間に新たな地割れが……

引用元:https://www.tbs.cjp/kiminohananinaru_tbs/story/o.

TBS火曜ドラマ『君の花になる』第5話のあらすじ

第5話

8LOOMの新曲「Melody」が週間ランキングで1位を獲れなければ、契約更新は期待出来ない状況だと告げられるあす花(本田翼)。

「落ち込んでいる時間がもったいない!私も徹底的にアシストする」とあす花は弾(高橋文哉)らに気合いを入れ直して、最後のチャンスを掴もうと一致団結する加入員たち。

そんな中、なる(宮世琉弥)からあす花への思いについて突っ込まれた弾は、モヤモヤした雰囲気で……。

そして、香坂(内田有紀)の計らいで8LOOMにライブ出演の話が舞い込むが、リーダーの宝(山下幸輝)に事件が……

引用元:https://www.tbs.co.jp/kiminohananinaru_tbs/story/

新章に突入した「君の花になる」。8LOOMの新曲「Melody」はデイリーランキングでまさかの87位だった。週間ランキングで1位を獲れなければ、契約更新は絶望的。さあ、どうする?というのが今回のストーリーだという。

もはや落ち込んでいる暇などないと、互いを鼓舞し合う仲間たち。そんな中、表情に暗い影を落としていたのが、弾(高橋文哉)に代わり新キャプテンとなった宝(山下幸輝)だ。

メンバーカラーは黄色で、メン花はひまわり。すごくぴったりというか、関西弁も相まってとても明るい印象がある。でも、どこかいつも気がかりを帯びているようなメンバーで、筆者もひそかに懸念していた。

。そんな宝が、一番羨ましく思っていたのがメンバーの竜星(森愁斗)。鼻が利く彼はどこか不思議なオーラをまとっていて、のほほんとしている。だけど、者で実はしっかりダンスも完璧にこなすまるごとラウンダー。

宝は「嫉妬ばかりのリーダー」と皮肉を込めて自分のことを話す。だけど、そこまで誰かの良いところを素直に認められるなんて神がかった。最高のリーダーじゃないかと思うのは私のみだろうか

TBS火曜ドラマ『君の花になる』第4話のあらすじ

第4話「 今夜、運命の新曲発表!?仲直りのハグ・・・」

弾(高橋文哉)は花巻社長(夏木マリ)に新曲をプレゼンするも、「いつも通りの楽曲では1位は無理」と聞いてしまう。

初めての“ラブソング”へのチャレンジを命じられ焦る弾に、8LOOMのメンバーたちも協力しようと寮で恋バナ大会をオープン。

そんな中、あす花(本田翼)は周りの協力さえもプレッシャーに感じる弾を気づかい、新曲作りのための取材がまとまる。

そこであす花は、弾があす花に抱えていたある複雑な思いを知ってしまい、2人の関係に急開設が……!?

引用元:https://www.tbs.co.jp/kiminohananinaru_tbs/story/

「君の花になる」3の感想

君の花になるの感想を書いてみました。

ん~一言。

男の子を育てるのは大変だな。

自立させるのは大変だなと思いました。

これはこれで大変だなと思いました。

それにしても本田翼さんも大変そうに見受けられましたね。

アイドルが一人前になるってのは大変そうです。

「君の花になる」2の感想

イケメンだらけでしたね。

自分も自称イケメンですが。

イケメンだらけで集めたメンバーでした。

本田さんも可愛かったです。

この不景気どう乗り越えていくか。

分からずじまいでもがいている姿が垣間見れました。

本田さんも本当にかわいかったですね。

メンバーらの踏ん張りと献身的なあす花の応援で、ようやく人気アイドルグループの仲間入りを達成したようですね〜♪

あす花は弾に対する自分の心の変化に気づき始めたようで、新たな2人の関係に一皮剥けるような直感がします

君の花になるの感想

本田翼さん主演の君の花になるを観てみました。

正直、本田さんは可愛いですね。

それだけを見てしまいましたが。

ドラマとしては微妙でした。

感想ですがね。

ちょろっと見ただけで申し訳ないですが。

そんなところですかね。

第一話なんでよく分かりませんが。

もう一度話が進んだら経過報告してみたいと思います。

Amazonプライムビデオ

AmazonAudible


スポンサーリンク




 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ドラマ