•                 大工の源さんの解析をしています。ぜひご覧になって下さい。

サッカー スポーツ

【レビュー:ワールドカップ 日本 ドイツに逆転勝利で勝ち点3 後半に2得点】

ワールドカップ 日本 ドイツに逆転勝利で勝ち点3 後半に2得点

ワールドカップ 日本 ドイツに逆転勝利で勝ち点3 後半に2得点

サッカーのワールドカップカタール大会、グループEの日本は23日、1次リーグの初戦でドイツと対戦し、途中出場の堂安律選手と浅野拓磨選手のゴールで2対1で巻き返し勝利しました。

日本は過去にドイツと強化試合で2回対戦し1敗1引き分けで、日本がドイツに勝利したのはこれが初の経験でです。

世界ランキング24位の日本は23日、1次リーグの初戦に臨み、世界11位で西ドイツ時代も含めて過去4回の優勝を誇るドイツと合戦しました。

前半、日本は序盤からドイツに細かくパスをつながれ再三ゴール前でピンチをまねき、ボール保持率で7割以上を握られる苦しい展開が継続しました。

そして33分にゴールキーパーの権田修一選手によるファウルで与えたペナルティーキックをイルカイ・ギュンドアン選手に決められリードされました。

1点を追う後半は、堂安選手や浅野選手、三笘薫選手といった攻撃的な選手を次々と投入して徐々に主導権を握り、30分にゴール前のこぼれ球を堂安選手がいっぱいにして同点に追いつきました。

さらに38分にはロングパスを受けた浅野選手がそのままドリブルで持ち込み右足でシュートを決めて勝利越しました。

日本はこのあとドイツの反撃をかわし、2対1で勝って勝ち点「3」を取得しました。前回のロシア大会に続く白星スタート考えられます。日本は27日、1次リーグの第2戦で世界31位のコスタリカと合戦します。

日本対ドイツの試合データ
【観衆】4万2608人
【得点】ドイツ:前半33分 イルカイ・ギュンドアン
日 本:後半30分 堂安律 38分 浅野拓磨
【シュート数】
日 本:11
ドイツ:26
【ボール支配率】
日 本:24%
ドイツ:65%

日本にとって縁の深い相手に見事な逆転勝利

「日本サッカーの父」と呼ばれておりたドイツ人のデットマール・クラマーさんは1964年の東京オリンピック大会で初めての外国人コーチとして基礎的な技術を徹底して指導し、日本に欠かせないストライカー、釜本邦茂さんなどを育てたほか「リーグ戦の創設」など、強化に向けた提言も行い、日本サッカーリーグの発足につなげました。そして、クラマーさんが牽引した選手たちが1968年のメキシコオリンピックで躍動し、銅メダルを獲得。日本サッカーの強化の基盤を準備してあります。

その後もドイツから多くの指導者が来日して日本サッカーの発展に力を注ぎ森保監督は22日になされた公式会見の中で「クラマーさんをはじめ、ナイスな指導者がドイツから日本に来て日本サッカーの発展に大きな役立ってくれた。皆さんに感謝したい」とお話しました。そして「日本にとってドイツは常に目標とし、手本となる有りだった。ドイツのことを学びながら日本の良さを持って世界に追いつけ、追い越せでやっている」と尊敬にとどまるのではなく肩を並べる強さまで日本を押し上げようというポリシーを述べていました。

今回の日本代表のメンバー26人のうち、ドイツ1部リーグに7人、2部に1人の合わせて8人がドイツの国内リーグに所属していて各国のリーグの在籍人数で比較するともっとも多い数です。

今シーズン13試合で7ゴール、3アシストをマークする大活躍を放っている司令塔の鎌田大地選手や2シーズン続けて1対1での局面「デュエル」の勝利数が最多だったボランチの遠藤航選手などドイツ1部でも目立った結果を残す選手も増えているみたいです。ドイツ代表のハンジ・フリック監督も鎌田選手と遠藤選手の名前を挙げて「それぞれの選手が技術と戦略の面でよく訓練されている」と監視していました。

ドイツの背中を追いかけてきた日本、世界屈指の強豪を相手に培ってきた力を宣言どおりに示した歴史的な成功となりました。

東京 渋谷でも喜びの声

近くの飲食店で観戦していたという20歳の男子大学生は「前半に先制されたあとは、負けてしまうかもしれないと思いましたが、見事逆転してくれてとても嬉しかったです。この勢いでグループステージを勝ち抜いてほしいです」と話していました。別の19歳の男子大学生は「強豪のドイツ相手に厳しい試合運びでしたが、粘り強くプレーを続けた結果、勝利に結びついたと思います。日本がどこまで勝ち進んでいくのか、本当に楽しみです」と話していました。

遠藤 航「臨機応変にやれる僕らの良さを証明できた」

ドイツ代表を破ったことについては「この試合に懸けていた。あとのことを考えず、この試合で勝ち点3をとりたいと思っていたので非常にうれしい。後半はファイブバック気味にすることによって、うしろはマンツーマンで守ることができたし、前のプレスもしっかりはまったと思う。システムを変えても臨機応変にやれる僕らの良さを証明できた」と喜びをかみしめていました。

伊東 純也「後半からアグレッシブにそこからチャンスに」

「前半は守備の形がうまくはまらず、難しい試合になったが、後半からアグレッシブに前からプレッシャーをかけて、そこからチャンスが生まれて逆転できた。自分として良くない点が多かったので、次はもっといいプレーができるよう頑張りたい。初戦をとったのは大きいがこれからが大事だと思う」と気を引き締めていました。

途中出場 三笘薫「コンディションは100でないができることを」

「まだコンディションは100ではないが、次の試合に向けてあげていきたい。得点も狙っていきたいがチームために自分のできることをやっていきたい」と話していました。

キャプテンの吉田麻也「まだ1勝しただけ」次戦見据える

「きのう、サウジアラビアが1点のハインドから逆転したので『自分たちも』という気持ちで戦った」としたうえで「まだ1勝しただけ。次が大事なのでしっかり準備をしたい」と次を見据えました。

酒井宏樹「目の前の相手に1人1人が勝つだけだったので優位に」

「26人で勝ち取った」としたうえで後半の修正について「相手の攻撃のしかたが特殊だったので、人と人をみるように役割を発揮した。目の前の相手に1人1人が勝つだけだったので優位に立てた」と話しました。また自身のプレーについて「ディフェンダーとして1失点は修正しないといけない。2点とった攻撃陣に感謝したい」話しました。

久保建英「1点で耐えてよかった 歴史的瞬間だ」

まず「信じられない」とドイツに勝った試合をひと言で振り返りました。そのうえで「行けると思った時に失点してきつかったが、後半からチームとして一丸となって戦えた。ドイツやワールドカップの圧力あったが1点で耐えてよかった。歴史的瞬間だと思う」と話していました。

同点ゴールの堂安律「俺しかいないという強い気持ちでピッチに」

「俺が決める、俺しかいないという強い気持ちでピッチに入った。これで一喜一憂せず、強い気持ちで一丸となって戦いたい」と話しました。

森保監督「粘り強く戦ったことで勝利に」

「選手たちがチームで一丸となっていい準備をして粘り強く戦ったことで勝利につながった。ドーハに多くのサポーターがかけつけてくれて後押しをしてくれた。一喜一憂せずきょう終わったことを反省して次の試合の勝利に向けて戦いたい」と話しました。

【試合終了】日本 2-1 ドイツ

日本は、2対1でドイツに逆転勝利ました。日本は0対1とリードされた後半に途中出場した堂安選手と浅野選手がゴールを決め逆転して勝利し、勝ち点3をあげました。

過去に日本はこれまでドイツと強化試合で2回対戦し1敗1引き分けで、日本がドイツに勝利したのはこれがいよいよです。

【後半アディショナルタイム】

【試合終了】日本 2-1 ドイツ 日本がドイツに勝つのは初

日本は、2対1でドイツに逆転勝ちました。日本は0対1とリードされた後半に途中出場した堂安選手と浅野選手がゴールを決め逆転して勝利し、勝ち点3をあげました。

過去に日本はこれまでドイツと強化試合で2回対戦し1敗1引き分けで、日本がドイツに勝利したのはこれがいよいよです。

《選手・監督談話》

【森保監督】
「選手たちがチームで一丸となっていい準備をして粘り強く戦ったことで勝利に一通りの。ドーハに多くのサポーターがかけつけてくれて後押しをしてくれた。一喜一憂せずきょう終わったことを反省して次の試合の勝利に向けて戦いたい」とお話しました。

【後半途中出場し決勝ゴール 浅野拓磨】
「自分がピッチに立てば100%プレーする。それだけを意識していた。チャンスがあればシュートを打つというのはずっと決めていた。それが最後の結果につながったかなと思う。みんなで勝ち取ったゴール、そして勝利だ」と思い起こしました。そして、次のコスタリカ戦に向けて「きょうは全員で勝ち点3をしっかり喜んで、もうあしたから切り替えて次のゲームに向けて準備していきたい」と意気込みをお話しました。

【後半途中出場し決同点ゴール 堂安律】
「俺が決める、俺しかいないという強い気持ちでピッチに入った。これで一喜一憂せず、強い気持ちで一丸となって戦いたい」とお話しました。

【キャプテン 吉田麻也】
「きのう、サウジアラビアが1点のビハインドから逆転したので『自分たちも』という気持ちで戦った」としたうえで「まだ1勝しただけ。次が大事なのでしっかり準備をしたい」と次を凝視しました。

【4大会連続出場 長友佑都】
開口一番「ブラボーブラボーブラボー」と声をあげて喜びをあらわにしました。後半の展開について「出ている時も出ていない時も常に一緒に戦っていたし、ベンチも含めてみんな心が1つになったから勝てた。たくさんの人が応援してくれた。歴史的瞬間だ」とお話しました。

【大会直前の脳しんとうから復帰 遠藤 航】
ドイツ代表を破ったことについては「この試合に懸けていた。あとのことを考えず、この試合で勝ち点3をとりたいと思っていたので非常にうれしい。後半はファイブバック気味にすることによって、うしろはマンツーマンで守ることができたし、前のプレスもしっかりはまったと思う。システムを変えても臨機応変にやれる僕らの良さを証明できた」と喜びをかみしめていました。

【右サイドで先発 伊東 純也】
「前半は守備の形がうまくはまらず、難しい試合になったが、後半からアグレッシブに前からプレッシャーをかけて、そこからチャンスが生まれて逆転できた。自分として良くない点が多かったので、次はもっといいプレーができるよう頑張りたい。初戦をとったのは大きいがこれからが大事だと思う」と気を締めつけていました。

【途中出場から同点ゴールにつながるプレー 三笘 薫】
「まだコンディションは100ではないが、次の試合に向けてあげていきたい。得点も狙っていきたいがチームために自分のできることをやっていきたい」と言及していました。

【右サイドで粘り強い守り 酒井宏樹】
「26人で勝ち取った」としたうえで後半の修正について「相手の攻撃のしかたが特殊だったので、人と人をみるように役割を発揮した。目の前の相手に1人1人が勝つだけだったので優位に立てた」と話しました。また自身のプレーについて「ディフェンダーとして1失点は修正しないといけない。2点とった攻撃陣に感謝したい」話しました。

【21歳 先発メンバーでは最年少 久保建英】
まず「信じられない」とドイツに勝った試合をひと言で振り返りました。そのうえで「行けると思った時に失点してきつかったが、後半からチームとして一丸となって戦えた。ドイツやワールドカップの圧力あったが1点で耐えてよかった。歴史的瞬間だと思う」と話していました。

ドイツ代表監督「効率的に得点できずミスをしてしまったのかも」

日本に敗れた試合について「われわれにとって非常に残念な結果だ。ボール支配率が高かったにもかかわらず、得点の機会を逃した。効率的に得点できずミスをしてしまったのかもしれない」と振り返りました。また、試合前に選手たちがグラウンド上で手で口をふさいで映った集合写真を撮ったことについては「FIFAが発言しないので、われわれはメッセージを送りたいと思った」とレクチャーしました。

さらに差別反対を訴えるためのキャプテンマークの着用を巡る動きなど、試合以外の問題が結果に影響したのか問われると「そうは思っていない。試合の前にも、日本のチームは非常に強く、すばらしい選手がいて、戦略的だと言った。彼らは強さを発揮した。それを言い訳にするつもりはない」と言及していました。

日本にとって縁の深い相手に見事な逆転勝利「日本サッカーの父」と呼ばれたドイツ人のデットマール・クラマーさんは1964年の東京オリンピックで初めての外国人コーチとして基礎的な技術を徹底して指導し、日本を代表するストライカー、釜本邦茂さんなどを育てたほか「リーグ戦の創設」など、強化に向けた提言も行い、日本サッカーリーグの発足につなげました。そして、クラマーさんが指導した選手たちが1968年のメキシコオリンピックで躍動し、銅メダルを獲得。日本サッカーの強化の基盤を準備してあります。

その後もドイツから多くの指導者が来日して日本サッカーの発展に力を注ぎ森保監督は22日に行われた公式会見の中で「クラマーさんをはじめ、すばらしい指導者がドイツから日本に来て日本サッカーの発展に大きな役立ってくれた。皆さんに感謝したい」と話しました。そして「日本にとってドイツは常に目標とし、手本となる存在だった。ドイツのことを学びながら日本の良さを持って世界に追いつけ、追い越せでやっている」と尊敬にとどまるのではなく肩を並べる強さまで日本を押し上げようという意気込みを述べていました。

今回の日本代表のメンバー26人のうち、ドイツ1部リーグに7人、2部に1人の合わせて8人がドイツの国内リーグに所属していて各国のリーグの在籍人数で比較するともっとも多い数です。

今シーズン13試合で7ゴール、3アシストをマークする大活躍を見せている司令塔の鎌田大地選手や2シーズン続けて1対1での局面「デュエル」の勝利数が最多だったボランチの遠藤航選手などドイツ1部でも目立った結果を残す選手も増えているみたいです。ドイツ代表のハンジ・フリック監督も鎌田選手と遠藤選手の名前を挙げて「それぞれの選手が技術と戦略の面でよく訓練されている」と監視していました。

ドイツの背中を追いかけてきた日本、世界屈指の強豪を相手に培ってきた力を宣言どおりに示した歴史的な勝利となったのです。

愛知では競馬場でPV=パブリックビューイング

夜遅くの試合にもかかわらず、愛知県弥富市の名古屋競馬場には日本代表を応援しようと100人を超える人たちが訪れました。

ふだんパドックの馬の様子などを映し出す大型のビジョンで試合が放送され、後半から出場した堂安律選手が同点ゴールを決めると、会場にいた人たちはみな立ちアップしていました。

さらに三重県菰野町出身の浅野拓磨選手が逆転ゴールを決めた瞬間、盛り上がりは最高潮に達し、ファン同士がハイタッチを交わすなど喜びをシェアし合っていました。

三重県出身で中京大学のサッカー部に所属する20歳の学生は「浅野選手は同じ三重県の出身なので親近感が沸きますし、ゴールを決めてくれて本当にうれしいし誇りです。ドイツに勝ったのは大きいですが決勝トーナメントが決まったわけではないので、次も頑張ってほしい」と興奮した様子で漏らしていました。

同じく中京大学のサッカー部でJ3のチームへの入団が決まっている22歳の大学生は「勝ったことが信じられないくらいうれしいです。興奮しています。決勝トーナメントに進出してほしいし自分もそういう舞台に立てるようになりたいです」と話していました。

試合終了直後 渋谷駅前には「DJポリス」なども出動し警戒に

東京・渋谷駅前では、日本が勝利を決めた直後の午前0時ごろ、付近の飲食店などで観戦していたサポーターたちがスクランブル交差点周辺に集まり出して激しく混み合い、警視庁が警戒に当たりました。

中には、走って道路にはみ出したり、交差点の中心に集まって大声を出したりするサポーターもいたため、警視庁の機動隊員や「DJポリス」が危険な行為はやめるよう呼びかけていました。

午前1時過ぎには混雑もなくなり、機動隊の部隊配置も解除されました。警視庁によりますと、大きなトラブルなどはありませんでしたということです。

地元カタールのメディアも速報

ドイツの首都ベルリン中心部にあるスポーツバーでは、23日、およそ50人のサッカーファンがドイツ代表と日本代表の試合をガードしました。前半、ドイツ代表が先制した場面では、大きな歓声が上がり多くの人が浮かれていました。

しかし後半になって同点に追いつかれると店の中は静まりかえり、さらに逆転されると、頭を抱えて悔しがる人もいました。

会場の人たちは試合終了までドイツ代表に「前へ、前へ」とか「がんばれ、がんばれ」と必死の声援を送りましたが、追いつくことが出来ず、多くの人は落胆や驚きの表情を浮かべ店をあとにしていました。試合を見た人は「本当に残念です。ドイツが2対0で勝つはずでした」とか、「日本はラッキーで勝っただけです」などと漏らしていました。

一方で「ドイツ代表は多くのチャンスを逃しましたが日本はチャンスをものにしました。日本のゴールキーパーはよかったですし、ドイツ一部リーグのフランクフルトでプレーする鎌田選手もすばらしかったです」と日本代表のプレーをたたえる人もいました。

ドイツメディア「ドイツ代表の大失敗」

ドイツのメディアは、ドイツが日本に敗れたことについて「ドイツ代表の大失敗」などと大きく伝えています。

このうちスポーツ専門誌の「スポーツビルト」は、23日の電子版に「ドイツ代表大ヤケドのスタート」というタイトルの試合の記事と、頭を抱える代表選手の写真を掲載し「信じられない。ドイツ代表の大失敗は、1次リーグで敗退した前回大会を思い起こさせる」などと、厳しいトーンで伝えています。

また、ドイツの公共放送ZDFは、23日「ドイツにとって、まずいスタート」というタイトルで、ドイツが日本に敗れたことを伝え、このなかで「ドイツ代表は日本代表を圧倒したものの多くのチャンスを逃した。前回大会の初戦でメキシコに1対0で敗れたように恥をさらした」と指摘してると思います。

スペインメディア “大きな驚き”

1次リーグで日本と同じグループに属し、来月1日に日本と対戦するスペインでも、地元メディアは日本の勝利を大きな驚きとともに言い渡しています。

大手スポーツ紙「マルカ」の英語版は、23日「日本がドイツを驚かせた。ワールドカップでのもう一つのサプライズ」と見出しをつけ、前日にサウジアラビアがアルゼンチンに勝利したことを引き合いに出し「優勝候補の一角のドイツが初戦で日本に敗れた」と試合結果を大きく伝えています。

また、スペインの全国紙「ABC」は、23日の電子版の記事で、試合の終盤に、いずれも途中出場だった堂安選手と浅野選手が得点を決めたことについて「日本は、袖の中にカードを隠し持つ魔術師のようだった。スピードと本能、信念の一撃でドイツの守りを破った」と伝えています。

ドイツでは“まさかの敗戦”に落胆の声

ドイツの首都ベルリン中心部にあるスポーツバーでは、23日、およそ50人のサッカーファンがドイツ代表と日本代表の試合を見守りました。前半、ドイツ代表が先制した場面では、大きな歓声が上がり多くの人がウキウキしていました。

しかし後半になって同点に追いつかれると店の中は静まりかえり、さらに逆転されると、頭を抱えて悔しがる人もいたんです。

会場の人たちは試合終了までドイツ代表に「前へ、前へ」とか「がんばれ、がんばれ」と必死の声援を送りましたが、追いつくことが出来ず、多くの人は落胆や驚きの表情を浮かべ店をあとにしていました。試合を見た人は「本当に残念です。ドイツが2対0で勝つはずでした」とか、「日本はラッキーで勝っただけです」などと漏らしていました。

一方で「ドイツ代表は多くのチャンスを逃しましたが日本はチャンスをものにしました。日本のゴールキーパーはよかったですし、ドイツ一部リーグのフランクフルトでプレーする鎌田選手もすばらしかったです」と日本代表のプレーをたたえる人もいたんです。

常盤木学園・世界基準のパスサッカートレーニング ~女子サッカー先進校にみる基礎からの育成~


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-サッカー, スポーツ