•                 大工の源さんの解析をしています。ぜひご覧になって下さい。

マンガ

【レビュー:ワンピース1067話 "PUNK RECORDS"】

ワンピース1067話PUNK RECORDS

ワンピース1067話 "PUNK RECORDS"

頭はどうした。

もっと大きな電球みてーな頭だったろ。

あーずいぶん伸びてきたんで切った。

髪切ったみてぇなテンションでいうな。

確かにお前にあった当時は、私の身長はもはや、

巨人族に届く勢いじゃった。

でかいとは噂には聞いておったが、気球だった。

いやぁ、私は実はなノミノノミ

いやぁ私は、実はなノミノミの実の「脳みそ人間」あらゆる知識を際限なく記憶できるが。

データ容量に比例しても脳みそもどんどん肥大する。

もって生まれた天才の頭脳に無限のデータバンク

それは、世界最大の頭脳に育ち今もなお巨大化し続けている。

今もどっかにあんのか。

すげーな医学も強いのかベガバンク もちろん。

おっさん頭切ったからバカなのか。

天才なめすぎなんじゃおのれ、

このリンゴはアンテナ

島のテッペンを見よ巨大な卵の裏側に

「パンクレコーズ」と書いてあるあれがわしの脳みそ格納庫

えーでかすぎ

離れていてもこのアンテナを通じて念破でつながっており、問題ない。

先ほど、お前さんら「ベガバンク」を名乗る少女に会っただろう。

あれは、わしの分身でこの島に6人おる。

忍者、それぞれは私に必要な要素のエキスパート

6人合わせて私一人分の人格じゃが労働力は6人分

何だそれ、

毎日一回彼らは「バンクレコーズ」を通じて体験と知識を同期している

性格と任務はそれぞれの体験価値はあるものになる。

??

同じ脳を使うのか。

分かりかねる世界じゃのう。

同じ図書館を使うと思えばええんじゃ、例えばこの私の脳みそに世界中誰でもアクセスできるようになれば。

全人類が私の知識が身に着けたも同然。

さらに、全人類で相互的に「パンクレコーズ」をアップデートしていけば私の脳みそなとはるかに超越した”知識の海”を作ること

も可能じゃ、「脳」はいつか人類で”共有”できる。

世界中で医学を勉強できるのか。

もちろんじゃ、

うおおお

思想まで入り込んだら不都合もおきんか

勘がいいな”海峡のジンベェ”じゃが、そんな心配をしては科学の前に進めない。

ぺぺぺぺ。

そういうことだろベガバンク。

お前は科学への探求の為に、犠牲をいとわない。

だから父を心無い戦闘兵器に変えたんだ。

うぉー

よせボニーこのビームサーベルは失敗作。

うるせぇ切れ味ならさっき試した。

父をもとに戻せ。

もし、お前の答えがNOなら ボニーよう考えろそいつを殺せばどれほどのものを敵に回すか。

スイッチを切りなさいボニー そのビームには、大量の虫が集まってくるんじゃ。

ギャー

キャー

おいポニー”オオワわ” オオクワじゃねぇよ。

しっしんの心配をしろよ。

むー当然じゃのう。

当然じゃ、ポニーは私を殺したいか。

手に取った武器が失敗作で助かったが。

あぁそういえばお前たち最近まで「ワノ国」におった様じゃな。

カイドウに並び2匹目の竜が現れたというのは事実か。

ああ、モモのことか。

「パンクハザード」に置いてきた

”悪魔の実”の失敗作をそいつが食うたようじゃ。

あれは私が人工的に作った”悪魔の実”なんじゃ

カイドウの血統因子から20年かけて多額の研究費を投入して作った。

しかし、同じ成分の実にならなかった

あーだからあいつカイドウみたいになれたのか。

いやぁー成功だぞ。火はくし力も強いし今や「ワノ国」の守り神だ。

あれを作ったのか。スゲー

色は。

ピンク。

みろ失敗作じゃあー。

いいだろそこは。

なるほど完璧主義の天才か。

じゃあこのロボは動かしてくれよ。おっさんが作ったのか。

いや、違うこいつは200年ほど前に聖地アリージョアを襲ったという

伝説の鉄の巨人

200年前

さらに作られたのは200年も昔。

えー嘘だろ。

目的はわからぬまま。

エネルギー不足で被害なかったと聞いている。

当時の科学者たちの驚きたるや、

相当なものだったろう。

あまりに場違いすぎるその科学力。

どこから現れ何をしようとしたか誰にも分からない。

「世界政府」からは完全な廃棄を命じられた様じゃが科学者たちの好奇心がそうさせるはずもなく。

今に受け継がれここにある。

政府も知らぬ存在じゃ。

お前たちよここについたな。

ここえの入り口はただの壁に見えたはず。

荒ててたしからな。

迷い込んだんだ。

モーロクしながら。

そりゃ気の毒

200年前の「魚人差別」に動きもあった年。

じゃああのロボットがレッドラインをよじ登ってたのか。

おそらくな。

ベガフォース1は、

これに倣って作ってみたものだ。

しかし私の科学力でも再現できない部分もあり。

とても200年前に作られた機械兵とは思えない。

あんたで再現できねぇものォ

"動力だ"

とりあえず、ルフィ達は無事でよかったけど。

あの子誰。

ジェリー・ボニーだろ海賊だ。

遭難してたのは少女だったはずだが。

あとベガバンクスゴ。

ボニーには。

本当に悪いことした。

そうだぞおっさん土下座。

おのれに何がわかるんじゃ。

この子には渡さねばならんものがある。

時に”麦わらのルフィ”お前さんが今日ここへやってきた。

ことには”運命”を感じておる。

私をこの「エッグヘッド」から連れ出してくれんか。

は。

こちらサイファーボール

「エッグヘッド」の開港を求める。

しつけの悪いペットだ。

「エッグヘッド」へ向かうジェリー・ポニーの目撃情報が脱走を繰り返す

目障りな女だ。

もう用済みなはずだな出会ったら消すさ。

「正」政府の船です。

海賊たちがここにいるのはマズイ

なぜか、「CPO」がルッチで乗ってます。

突き出せばいい

ロブルッチは”殺しやじゃろ。”

えーロブルッチ

おい押し早く自由にしてくれ。

いやー嫌いあいつまだやめてなかったの。

島に入れないで。

ロビンちゃん安心して何度でも俺が守るぜ。

船に伝えろ。

「セラフィムをおいて帰れ」迎撃準備「政府政府」の入港を拒否する。

”グランドラインカマパッカ王国”

ドラゴンさん。くまさん様子が。

くまさん待ってくれまだ修理中。

くまさん。

どうしたの。

まだ「海軍」にコントロールされているのか。

くまさん。

どこ行くの

まだまともに動けないのに。

もう自我は完全にないはず。

何事だ。わかりません。

くまさん。戻って。

どうしたくかどこへ行く。

ここにいなよ。

これからだ。

チャンブル

ヴァタージ達「革命軍」の戦いはぁ。

ワンピース1067話感想

ワンピース1067話パンクレコードを読みました。

なんだか、天才科学者の人みたいですね。

結構、天才科学者とルフィの対決って面白いのかそうでないのか、

分かりませんが、ストーリーも微妙っちゃ微妙でした。

が、今回は面白かったですね。

ワンピース毎回出ておりますが。

面白いです。

つまんないこともありますが、そうでもなかったりです。

ルフィは毎回でておりますね。

需要があれば、もっと記事を書いていきたいと思います。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-マンガ