•                 大工の源さんの解析をしています。ぜひご覧になって下さい。

読書

【レビュー:生きづらいのは「ゆとり世代」だからと思っている君たちへ。】

生きづらいのは「ゆとり世代」だからと思っている君たちへ。

生きづらいのは「ゆとり世代」だからと思っている君たちへ。

なぜ、日本の若者は将来の目標が定まらない

田口君の悩みで、

将来の目標が見つからないというのがありました。

本来、大学3年生にもなって、やりたいことが分からないなんてお話にならないことの筈、

でも、そうした大学生は全体の約8割といわれています。

これっておかしな話だと思わない?

だって、本来は、将来自分がやりたいことの方向性やイメージを持ったうえで、それについて

マナブのが大学という場所のはずでしょう。

なぜ、このようなことになってしまったかというと、日本では調べればわかるような知識ばかりを詰め込んで、その人自身のキャリアを育成する教育をしていないからなんです。

東京大学が秋入学を検討し始めたニュースを知っていますか。

海外の大学に合わせて入学時期をずらし、留学生の受け入れと、日本からも留学させることで大学の国際化を目指すため

なんですが、これは世界ではとっくに採用されている話なのですよ。

ここだけ見ても、いかに教育が鎖国されているのが分かるよね。

ただ、こうした現実を知ったからにはもう大丈夫です。

この瞬間から、田口君の考え方だってグローバル化するんですから、

あとは世界を視野に入れて、

自分のものの見方を軌道修正していけばいいだけ、だからこそ、今日はたっぷりディスカッションしてもらいたいですね。

ただ、無理して「頑張る」必要はないんですよ。

それは、苦痛を生むだけだから。これについては後でお話しますが。

頑張るんじゃなくて、自分から現実の問題に向き合って進むことが大切です。

生きづらいと感じるのは、誰の責任なのでしょう。

これから必要なのは受験学力よりも「コミュニケーション力」なのよ。

働き方に迷ったときに考えたい3つのポイント

今の日本の雇用形態は、ごくごく最近のもの。

■ 身近な自由に騙されず、自分の理想や将来設計と照らし合わせて考えてね。

■ 年収が低ければ結婚できない!はもはやナンセンス二人が手に取り合って、仕事も家事も協力しあう構えが大切よ。

■ 組織に属して働くことは、人間として成長する場にもなりえる。理不尽だと思うことは、仲間同士で声を出し合って。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-読書