•                 大工の源さんの解析をしています。ぜひご覧になって下さい。

映画

木村拓哉『マスカレード・ホテル』続編、来年9月公開!「マスカレード・ナイト」映画化

スポンサーリンク




木村拓哉が主演を務めた映画『マスカレード・ホテル』の続編となる『マスカレード・ナイト』の製作が決定し、2021年9月17日より劇場公開されることが鍵が解かれた。 『マスカレード・ホテル』では超豪華なキャスト陣が集結【画像】  『マスカレード・ホテル』は東野圭吾による小説「マスカレード」シリーズの第1作を映画化したミステリー。2019年1月に公表され、興行収入は46.4億円を記録した(数字は配給調べ)。キャストには木村のほか、長澤まさみ、小日向文世、菜々緒、生瀬勝久、松たか子、石橋凌、渡部篤郎などの豪華な面々が集結したことも話題をお呼びした。 [PR]  その続編として、累計発行部数445万部を突破している同シリーズの第3作を原作に『マスカレード・ナイト』の製作が決定。前作に引き続いて木村がホテルマンとして潜入捜査をする警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介を演じ、長澤がホテル・コルテシア東京の優秀なホテルマンで新たにコンシェルジュとなった山岸尚美役を務める。  続編の舞台は、大晦日のコルテシア東京。警視庁に宛てて、とある殺人事件の犯人がコルテシア東京のカウントダウンパーティー「マスカレード・ナイト」の会場に現れるという匿名の密告状が届いたことから、再び新田がホテルマンにふんして潜入捜査を行う結果となる。犯人がパーティーに姿を見せるという手掛かりしかないなか、仮装して素顔を隠した500人の参加者を相手に犯人逮捕へと奔走する。  再び新田役に挑む木村は「『マスカレード・ホテル』で東野先生の世界観を具現化することが非常に楽しかったので、同じ舞台といえども、また違う内容で新たに作品を構築していく楽しみがありますし、同時にプレッシャーだったりします。本作は東野先生もおっしゃる通り大胆な脚色があり、あれだけ分量のある原作をわずか1日の設定にしているので、ジェットコースターのような話の流れになると思います。観てくださる皆さんにも、その世界に没入してもらったうえで、スクリーンと客席が一瞬繋がって、登場人物として同じ事件の目撃者になってほしいと思います」とコメント。

マスカレードホテル

ドラマ観るなら<U-NEXT>

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-映画