日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinn08blog

  • 【ワンピース ネタバレ 1005話~】

マンガ ワンピース

【ワンピース ネタバレ 1006話 侠客ヒョウ五郎”】

更新日:

スポンサーリンク




逃げた。敵の大 モモのスケ。

開かずの倉庫から逃げたよ。

モモのスケの姿は見えない。けど、間違いない。

モモのスケはヤマトぼっちゃんとくのいちと一緒に。いる。

しのぶさんこっち。目立たない道通ってよ。

DSC_0231


くのいちと一緒にいる。

また通信。モモとしのぶちゃんが狙われる。ヤマト坊ちゃん、

おい開かずの倉庫ってどっちだ。ド、どくろドームの入り口付近に。

錦えもんたちがいる。のは真逆だろ。どっちに俺は必要だ。

あっちか、こっちか。こっちだ。

鬼が島(*´Д`)くくくペロリン。

惜しかったな。満月の戦士たち。

お前らの勝利には。天候の運が必要だ。

うういいかユガラたちは前へ進め。

ペドロの仇だとビッグマムの海賊団の縄張りに。

テメェラピクニックでもしに来たのか。

仲間にしなれたくなきゃ。森で草でも食ってろ。

それが、お似合いだ。ペロリン。

さて、百獣海賊団と手を組むのは気に入らねぇが。若造どもには四皇の格ってモノを教えねぇとな。

DSC_0232

うぅ、ダメだ。この青い炎が引き出す体力そのものが。
もう限界に、

もう少し、耐えろ。また、【氷鬼に戻っちまうぞ】そしたら、気力の限界まで暴れて。

今度こそ死んじまう。

気をしっかりもて。おい。

たぬきさん。だってそれに耐えながら。薬作ってくれてたんだ。

アプーさんもう限界っす。

あいつらの後ろに【抗体】ががあるのに。

守りが鉄壁で越えられねぇ。何で、俺たちがクイーン様のウイルスで

泣き言言ってくれる上司じゃねぇだろ。

しかし、なぜが敵に寝返った。X・ドレークと

なぜか突如。現れた。

【われ国】伝説の大親分花のヒョウ五郎が強すぎて。

全くあのタヌキに近づけません。

何なんだ。あの姿。
さっきまで、小せぇジジイだったのに。

カイドウが執拗に勧誘し続けたころの強さが戻ってやがる。

うぅ武者ぶるいか親分。大丈夫ですか。

あぁ、だいぶ寒いなだが精神力にゃ

自信がある。

うっかりウイルスに触れたせいで。

命の限界まで力を引き出されちまった様だ。

およそ、寿命と引き換えにこの最後の力で。主力を全員切り倒してくれる。

おい、大親分

どうやら、おれぁもう長くねぇ様だ。もしたぬきさんの薬が間に合わず。

俺が、"氷鬼"になろうとしたら。その前に迷わず。俺の息をとめろ。

さもなくば俺は、おめぇも広場にいる。全員を無差別に切り殺すことになる。

そんな、でも大親分がもし氷鬼になったら、誰も止められないのは確か。

頼んだぜ。

よし、元見回り組が。お手並み拝見しよう。何が伝説

花の一刀流時代遅れの剣だろう。

老いぼれ怒髪

光拝。ふふなぁ、おでん

力の有り余ってたあの時代にお前と共に。

カイドウさんに挑んでたらってよ。時々考えた。

だが錦えもん達は見事に討ち入りを果たした。

それに、
おれにも面白れぇ弟子が出来たんだ。

ワレ国にはきっと

夜明けがやってくるオイオイフロア全滅しちまうぞ。

野郎。

危ねぇクイーン様のビームが来るぞ。ホウホウ印くおおお

ゲフ痛ってぇな。あのやろー衝撃波か

お前は俺と戦ってンだろ

マルコォそっちの侍に手ぇ出すには。おれの首を取ってからだよ。

くそ、しぶてぇ野郎だな。さっさとくたばれ

ブルーバード

調子に乗りやがって。
ぐわ

さずがに、10億ごえ2人引き止め続けるのはきついな。急げたぬき。

にゃロー何だ。あそこにいるのは。マルコじゃねぇか。

ずいぶん疲れてるようだ。くくく。ペロリン

ウオオオうわぁみんなが、また、【氷鬼に戻ってく】

今度は鬼たちも命の危機だ。

DSC_0233

やれ本望だ。まるで、最後に天が褒美をくれたようだ。

これ以上はおめぇらの命を危険にさらすだけ。

後は頼んだ。お前たち。

男、花のヒョウ五郎この人生に悔いはなし。

スキマ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-マンガ, ワンピース

Copyright© shinn08blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.