日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinn08blog

  • 【ワンピース ネタバレ 1005話~】

マンガ ワンピース

【ネタバレ ワンピース1005話 悪魔の子】ワンピース1005話 悪魔の子

更新日:

スポンサーリンク




ワンピース1005話 悪魔の子

さぁ、侍達の息の根を止めに行かなくちゃ。

カイマンレディ

島中に声を届ける準備は出来ています。

黒足にすぐにニコロビンをここに呼んできてもらえる?

入口には一度ついたら、二度と戻れない。

粘着質のハードガムが何重にも張り巡らせて

床もそう、

踏めば動けなくなる。

そして、奥には

麻酔銃を構えた部下たち後はさぁ。

読んでくれるだけでいいのよ。

ニコ・ロビンを。

さぁ、助けを呼んで私には次の用があるのよ。

DSC_0227

ああ無理、泣けてくる。、

きっとあの男。

仲間を危険にさらすまいと

声すら発さず死んでいくんだわ。

敵じゃなかったら私惚れていたかも。

待て。

一言ぐらい言う隙を与えてくれよ。

くそくらえ

とか憎まれ口叩いて

死ぬ気なんでしょ。

やめてこれ以上

ねぇさんを怒らせたら。

助けてロビンちゃん。

えー呼ぶ気満々だった、

ここは、3階大宴会場

人質になっちまった。

ごめん

サンジ

何だこのミットもねぇ通信は。

麦わらの一味。

ロビンちゃんが来てくれなかったら。

俺は殺される。

助けて。

おいおい島中に轟いとるぞ。

ニコ・ロビンは世界的に需要な存在、

やはり、その知識を狙ってきたか。

完全にロビンの身柄を手に入れる罠じゃねぇか。

男がミットもねぇ声だしやがってがハハハ。

はは、愉快な奴らだよな。

敵は十中八句女ね。

まったく

おいナミサンジの声。

あれから聞こえるんだ。

さっきも見たぞ。

何なんだあの目は。

ウフフ、あきれた。

はぁはぁ、さぁ。この糸。

解いてくれ。

ロビンちゃんを呼んだぞ。

DSC_0228

ねぇさん。

誰かこっちに向かってくる。

早いわね。

お前さんは逃がしはしないよ。

はぁ。

私を好きって言ったろ。

ここから先はビジネスじゃなく詩情よ

あの子たちみたいに。

お前さんは、私が飼いたいの。

ブラックマリア様。だけを愛しています。

私がいなきゃ生きていけない体に、

俺は。すべてのレディを愛したい。

そんな浮気は許さない。

しつけてあげる。

まてレディを傷つけたくなくて。

武装色がなよっちまうんだ。

巨大樹。

スパンク。

ブラックマリア様。

どこから入ったんだ。

どこにでも避けるわ。

おびき寄せれば。

とらえる女を想像してた?

ロビンちゃん

悪の組織にいた時間も長いの。

仲間にひどいこと。されたら。

ちょっと出ちゃいそうなの。

私の悪魔の部分。

はい失礼。

黄泉の冷気で

切っちゃいました。

よほほほ。

ねぇさん。

蜘蛛の糸罠がすべて凍って割られている。

DSC_0229

よほほ。

相性が宜しいでしょう。

ギャーお化け。

お前がゆうな。

ありがとう。

俺は錦えもん

達の所へ行かせてもらう。

ここは、なぜだが勝機がみえねぇ。

でしょうね。

おまちよ

黒足逃がさないよ。

それでいいの。

遺言。

サンジ

頼ってくれてありがとう。

嬉しかったわ。

あ、そこ。

こぉってますよ。

このネズミから、

サン五郎の声が。

そうか、ルフィの仲間の声か。

こいつは、父の軍の偵察部隊のメアリーズ。

サイボーグ

目的もなく。

島中をうろついてるけど。

人間のメアリーズと視界を共有している。

つまり、ここも。

おい、本当にこの。倉庫か。

今やだれも。

入らねぇ。

呪われた。場所だぞ。

やっぱりみられた。

ここはもう安全じゃない。

逃げましょうヤマト

モモの助様が人目につかない道を教えて。

将軍様がいるってよ。

扉ぶっこわすぞ。

せーの。

ごめんモモのスケ君。

僕の服の中に。

行くよ。しのぶさん。

全員のさなきゃ一目についちゃう。

そういう意味じゃないんだ。

場内3階。ブラックマリア。

侍たちの意気の根は俺が止める。

瀕死で在れ飛び六法に殺せるほど。

あかぎやたちは甘くはない。

いいな、手を出すな。

ジャック見くびられたものよ。

だけど、ちょうどよかった。

そうしてもらえると助かるわ。

ねぇ、ニコロビンあんたはカイドウ様のモノに

なるのよ。

嫌よ、死んだ方がマシ。

スキマ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-マンガ, ワンピース

Copyright© shinn08blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.