日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

エンタメ

エヴァンゲリオン まとめ動画

投稿日:

スポンサーリンク




エヴァンゲリオン映画 過去作品
エヴァンゲリオン 序

エヴァンゲリオン映画1作目
『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』(1.0)動画

エヴァンゲリオン映画1作目
『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』(1.0)あらすじ

エヴァンゲリオン映画『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』あらすじ
地球規模の大災害「セカンドインパクト」から15年後の世界が舞台。
碇シンジ(主人公)は、3年間会っていなかった父ゲンドウに呼び出され第3新東京市にやって来る。その途中「使徒」の戦闘に巻き込まれる。NERV本部に到着したシンジに「エヴァンゲリオン」初号機のパイロットとなって使徒と戦うことを強いる、碇シンジの父碇ゲンドウ。シンジは出来るわけがないと拒むが、もう一人のパイロット・綾波レイの重傷を目の当たりにし、エヴァンゲリオンに乗ることを決める。
「エヴァンゲリオン」初号機に乗りたくて乗っているわけではないシンジ。そのシンジの心とは裏腹に、予測できない動きと、予測できない時期に突然襲ってくる謎の生命体「使徒」。シンジには「エヴァンゲリオン」初号機に搭乗するのを拒み葛藤するが、結局エヴァンゲリオンに乗り続ける以外の選択肢はなく…。

エヴァンゲリオン映画 過去作品
エヴァンゲリオン 破

エヴァンゲリオン映画2作目
『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2.0)動画

エヴァンゲリオン映画2作目

『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2.0)あらすじ

エヴァンゲリオン映画『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』あらすじ
序盤、捕獲され実験に使われていた第3使徒が封印から目覚め暴れだすところから物語がはじまります。
真希波・マリ・イラストリアスが初登場し、物語は更に謎につつまれます。
一方、エヴァンゲリオン初号機(シンジ)・零号機(レイ)・2号機(アスカ)の3機によって物語が展開。シンジとともに過ごしていく中で、式波・アスカ・ラングレーは、少しずつ人とのあたたかみを感じつつ、レイもまた人間らしい感情を持ち始めます。幸せは長くは続かないのがエヴァンゲリオン映画の特徴。
アスカの乗った3号機の起動実験が開始された際、3号機に使徒が侵入してしまい、暴走。周囲を吹き飛ばす大爆発を起こします。
碇ゲンドウはアスカの乗っているエヴァンゲリオン3号機を第9使徒として処理することを決定。シンジが乗る初号機のみを強制出撃させる碇ゲンドウ。
アスカが乗っていることを知るシンジはもちろん、戦闘を拒否。それを受けてゲンドウは初号機を無人操縦システム「ダミーシステム」へ切り替えます。
ダミーシステムに切り替えられた初号機はシンジの意思を無視して暴走。必死に止めようとするシンジの思いは届かず、使徒のコアをアスカの乗った操縦席(エントリープラグ)ごと噛み砕いてしまい…。

【エヴァンゲリオン映画】
シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

【エヴァンゲリオン映画】
シン・エヴァンゲリオン劇場版:||について

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 西暦2020年公開
エヴァがついに完結する。
2007年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとして再起動し、『:序』『:破』『:Q』の3作を公開してきた。その最新作、第4部『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の劇場公開が決定。
人の本質とは何か? 人は何のために生きるのか? エヴァのテーマは、いつの時代にも通じる普遍的な核を持っている。
シンジ、レイ、アスカ、マリ、個性にあふれたキャラクターたちが、人造人間エヴァンゲリオンに搭乗し、それぞれの生き方を模索する。
人と世界の再生を視野に入れた壮大な世界観と細部まで作り込まれた緻密な設定、デジタル技術を駆使した最新映像が次々と登場し、美しいデザインと色彩、情感あふれる表現が心に刺さる。
スピーディーで濃密、一度観たら病みつきになるその語り口は、興行収入80億円超えの大作『シン・ゴジラ』も記憶に新しい庵野秀明総監督による独特の境地。
その庵野総監督がアニメーションのフィールドで創作の原点に立ち返り、新たな構想と心境によって2012年の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』以後、封印されてきた物語の続きを語る。
1995年にTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』でアニメファンのみならず、アーティストや学者までを巻き込んで社会現象を起こした初出から、実に25年――その間、常にエポックメイキングであり続けた「エヴァンゲリオン」の、新たな姿を見届けよう。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 西暦2020年公開
エヴァがついに完結する。
2007年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとして再起動し、『:序』『:破』『:Q』の3作を公開してきた。その最新作、第4部『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の劇場公開が決定。
人の本質とは何か? 人は何のために生きるのか? エヴァのテーマは、いつの時代にも通じる普遍的な核を持っている。
シンジ、レイ、アスカ、マリ、個性にあふれたキャラクターたちが、人造人間エヴァンゲリオンに搭乗し、それぞれの生き方を模索する。
人と世界の再生を視野に入れた壮大な世界観と細部まで作り込まれた緻密な設定、デジタル技術を駆使した最新映像が次々と登場し、美しいデザインと色彩、情感あふれる表現が心に刺さる。
スピーディーで濃密、一度観たら病みつきになるその語り口は、興行収入80億円超えの大作『シン・ゴジラ』も記憶に新しい庵野秀明総監督による独特の境地。
その庵野総監督がアニメーションのフィールドで創作の原点に立ち返り、新たな構想と心境によって2012年の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』以後、封印されてきた物語の続きを語る。
1995年にTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』でアニメファンのみならず、アーティストや学者までを巻き込んで社会現象を起こした初出から、実に25年――その間、常にエポックメイキングであり続けた「エヴァンゲリオン」の、新たな姿を見届けよう。

≪アニメ・ゲーム・キャラクターグッズ専門店≫

アニメイトオンラインショップ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-エンタメ

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.