日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

映画

【ネタバレあり】アナと雪の女王2 感想とレビュー

更新日:

スポンサーリンク




アナと雪の女王2を観てきた

アナと雪の女王2を観てきた。

非常に良くできた作品でした。

さすがに内容までは

きちんと見れませんでしたが。

非常に良くできた作品でした。

感想

正直、ストーリーは頭に入らなかったですが。

主人公達がとてもきれいな姿で、

何だか、うっとりするような事柄が多かったですね。

映像もとてもきれいで、やはり時代を感じさせるような映像でした。

ストーリーと出演の人達

ストーリー
前作から3年後、「アレンデール」王国の人々とすっかり打ち解け平和な日々を過ごしていたエルサだったが、ある日彼女は自分を呼んでいる北からの「不思議な歌声」を聞き始める。その歌声に導かれ、彼女は妹のアナ、クリストフ、オラフ、スヴェンと共に、自分の持つ力の秘密を解き明かすためアレンデール王国を越えて新しい旅に出る[6]。エルサが歌声の正体を知ろうとし、冒険に出ようとすると「精霊」達が暴走を始め、国民たちを風で追い払い崩壊が始まる。国民が高台に避難し終え、トロールの長「パビー」との話し合いになる。パビーは昔、「ノーサルドラ」の民とアレンデールが交易をし、その平和の明かしとして巨大なダムと橋を作り、交流をするようになったが、開通式典でアグナル王の父が武器を持っていないノーサルドラに剣を振りかざしたことによって戦争になり、平和の約束を破った事で精霊が怒り狂い、その場にいたアレンデールの兵士たちをノーサルドラ人を深い霧に閉じ込めてしまった。精霊が怒ったままにしておくとアレンデールにも未来がなく、精霊を鎮めるにはその絆を修復する必要があり、「古代の魔法が目覚めた」と説明される。一行はノーサルドラに向かい、霧に閉じ込められたノーサルドラ達と会い、姉妹の間に何があったのか、国王が難破事故で亡くなった事をオラフが簡単に説明し、納得をする。エルサはノーサルドラ人から「アートハラン」に行く途中で両親が難破事故にあった事を知り、なぜ向かったのかが疑問になる。一方クリストフはアナへのプロポーズをしようとするが失敗に終わり、彼女の鈍感さを嘆きつつも愛を捨て切れないことを改めて思う。海岸までたどり着くとなぜか両親の乗っていた船の残骸が散らばっており船内にあったイドゥナ王妃のメモの書かれた地図を見つける。そこには「水の記憶」と書かれており、エルサは魔法で過去の記憶を呼び起こし、両親の真実を見てしまい、ショックを受け、ダークシーを超えてアートハランに行くことを決意する。エルサはアートハランに行こうとするが、アナも行こうとする。エルサはアナを危険な目にあわせないために遠くに追いやる。何度も荒波に立ち向かい、その途中で凶暴な「水の精霊・ノック」と出会い、乗っ取ることに成功し、操ってるうちにノックからも信頼をされ攻撃されなくなり海を走ってアートハランに到着する。エルサは聞いた歌声の真似をして誘い出し、ついに声の正体と会う。氷の彫刻と化した記憶が形となって表れアグナルの父がノーサルドラ人を裏切った事を知る。深い極寒の洞窟に落ち、アナが凍ったようにエルサは凍りついてしまう。それによりオラフの魔法が消え始め、アナの腕の中で消えていく。アナは洞窟を抜け出し、アースジャイアントを挑発し、ダムを破壊させる。アレンデールの兵士も協力をし、間一髪でアナを助ける。エルサの機転が効き氷が溶けてノックを呼び出してダムの水が流れる先に先回りをし、魔法で水を受け止めることに成功する。平和を再び保ったことで怒った精霊が静まり、アレンデールに平和が戻り、深い霧に包まれたノーサルドラの霧が晴れ、青空が姿を見せる。エルサは「第5の精霊」であり、精霊と関わりのあるノーサルドラのリーダー「ハニーマレン」はエルサがノーサルドラを治めるのに相応しい人物だと考える。エルサはノーサルドラの女王として、アナはアレンデールの女王として、それぞれ国を治めることになる。エルサが魔法で再び「水の記憶」からオラフを復活させる。クリストフもプロポーズに成功し、ハッピーエンド。クリストフは国王風のぴしっとした服装になるがアナからは「前の服装がよかったのに」と意外な感想を言われる。エンドロール後、オラフが本作のまとめをマシュマロウとスノーギースたちに説明する特典映像が流れて終わる。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
主人公
エルサ(Queen Elsa of Arendelle)
本作の主人公。アナの姉で、年齢は24歳[注 3]。アレンデール王国の女王。真面目でクールな性格。一人称は「私」。生まれながら、雪や氷を作り出す魔法の力を持っている。普通の生活に満足しておりトラブルを避ける傾向でいたが、アレンデール王国に異変が起きた時自分の使命に対して悩み始める。
アナ(Princess Anna of Arendelle)
本作のもう一人の主人公。エルサの妹で、年齢は21歳。アレンデール王国の第2王女。好奇心旺盛で活発な性格。一人称は「あたし」。髪は赤毛で5歳の時に頭に受けたエルサの魔法の影響により一房だけが白くなっていたが、前作の終盤で髪の色は全て赤毛に戻り、三つ編みにしていた髪型は本作ではハーフアップになっている。クリストフのことは好きだが、エルサやオラフのことが心配で、エルサが一度瀕死になったりオラフが消滅した時は非常に悲しんでいた。
クリストフ・ビョルグマン(Kristoff Bjorgman)
山男の青年で、アナの恋人。年齢は24歳。一人称は「俺」。アナとは相思相愛で、彼女にプロポーズしようとするが鈍感な彼女との進まない関係に悩んでいる。最終的には紆余曲折の末にアナにプロポーズ。その後、彼女と結婚することになった。
スヴェン(Sven)
クリストフの相棒のトナカイ。
オラフ(Olaf)
エルサとアナが幼い頃に作った雪だるま。年齢は3歳[7]。一人称は「僕」。文字を覚えたことで以前より知識が増え、事情を知らない人々にあらゆる事情を説明することができる。
アレンデール王国
以下の2人は、エルサ18歳、アナ15歳の時に外交で海難事故に合い亡くなっている。2人は姉妹を分断し彼女たちに何もしてあげられなかったことを後悔している。イドゥナ(Queen Iduna of Arendelle)
アレンデール王国の王妃で、エルサとアナの母親。実はノーサルドラの一族の1人でアグナルの命の恩人。
アグナル(King Agnarr of Arendelle)
アレンデール王国の国王で、エルサとアナの父親。アレンデール王国とノーサルドラの一族の争いに巻き込まれた際、死にかけていたところをイドゥナに助けられ、恋に落ち結婚した。
ノーサルドラ族
イエレナ(Yelana)
ノーサルドラ族のリーダー。
ハニーマレン(Honeymaren)
ノーサルドラ族のメンバー。
ライダー(Ryder)
ハニーマレンの兄。アナとの煮え切らない関係に悩むクリストフに恋のアドバイスを伝授する。
魔法の森
ゲイル(Gale)
魔法の森の風の精霊。オラフがゲイルと名付けた
サラマンダー(Salamander)
魔法の森の火の精霊。サンショウウオがモデル。
ノック(The Nokk)
魔法の森の水の精霊。馬の形をした水の精。
アースジャイアント(Earth Giant)
魔法の森の地の精霊。攻撃するときには大きな岩を投げつける。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

DVDが出ていたのでご案内。
価格は3000円ほどです。

【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】

やっぱりケーブルテレビが安心?今なら最大79,200円相当貰えるJ:COM

music.jpに入会する

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-映画

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.