日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

芸能人

滝沢秀明『金スマ』で極貧の幼少期、解散と引退の真実告白「中居くんがくれた花道」

更新日:




年内で芸能活動を引退する滝沢秀明が28日、午後9時から放送されるTBS系『中居正広のキンスマスペシャル』(後9:00)に出演。今秋にタッキー&翼を解散し、突然の引退を発表した滝沢がその決意に至った理由を告白。そして「自分の中で封印していた時代なので。この番組で初めてさらします」と、極貧の幼少期についても打ち明け、自分を見出してくれたジャニー喜多川氏との関係性についても話す。

 1982年、東京・八王子で3人兄弟の末っ子として生まれた滝沢。幼少の頃から「父親からは子どもながらにわかりやすい愛情を受けた記憶はない」といい、幼稚園の時、両親が離婚し父が家を出て行ってからは、生活が一変。鉛筆、消しゴムすら満足に買えない極貧生活を送った。食べるものが無く、帰りの遅い母を待つ間、兄弟で1つのお菓子を分け合って食事代わりにした日々も。一刻も早くこの生活から抜け出したかった彼は、中学生になると「どうやったら子どもも働けるんだろう」とばかり考えていた。

 「どこでもよかったんです」と話す滝沢は、ジャニーズやアイドルへの憧れがあったわけではない。ただこの生活を抜け出したいと自ら応募し、書類選考を通過、オーデションの日を迎えた。「ボロボロの服を着て・・・。オーディションが終わる時に“僕がジャニーです”って…ジャニーですって言われても誰だろう?って。僕は本当に詳しくなかったので」。そしてそこではもう一つの大きな出会いが。「隣に翼もいたんですけど、翼はジャニーさんが名前を聞いていて、この子受かったんだろうなって」と長年の相棒である今井翼への思いも吐露する。

 滝沢はジャニー氏について「小さい頃に学ばなきゃいけないことを1から教えてくれた人。どこかで“オヤジ”っていうのはこういう存在なのかな」と幼い頃に家を出た父親と別れ、初めて“父”という存在を知った。以来、滝沢はジャニー氏から演出のことから生活の規律のことまでさまざまなことを学んだ。思春期になると、時には自らの怒りの矛先をジャニー氏に向けることもあったが、いつも優しく受け止めてくれたという。




 13歳でジャニーズJr.としてキャリアをスタートさせた滝沢。同時期にジュニアだった山下智久は「(ジュニアの中で)タッキーは特別なことが普通だった」と証言する通り“特別な存在”となっていった。「嵐を結成する時に、(5人がジュニアから)出たことで今後のジュニアをどうするか。ジャニーさんと相談しながらやっていた」というほど、ジャニー氏との関係は深かったという。

 そして、今回の引退発表。発表後、一番最初に連絡をしてくれたのが中居だったという。「(中居くんの)言葉が重くて、重いけどやらなければいけないとハッとなった…。だから僕のこの出演は、中居くんがくれた花道だと思っています」と語る滝沢だが、果たして中居はその時滝沢に何を伝えたのか?その時の中居とのやりとりを初めて明かす滝沢。また、スタジオで「解散」し「引退」していく後輩・滝沢に中居が自らの境遇を重ねつつ語った言葉とは・・・。

 番組では、松本潤、山下、生田斗真、北山宏光(Kis-My-Ft2)らが証言。また今回初めて滝沢の母が『金スマ』に語ってくれた極貧時代、ジュニア時代、そして世間を驚かせた決断に関しても掘り下げていく。“スーパーアイドル・滝沢秀明”の決意の裏側が今、明かされる。





人気ブログランキング

ランキングに参加しています。クリック応援よろしくお願いします。m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-芸能人

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.