日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

未分類

「ナメていた」 内川聖一の苦悩と、見つけた原因

更新日:




ソフトバンクの内川聖一内野手(36)が27日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、2年契約最終年の来季を現状維持、年俸4億円プラス出来高で証明した。(金額は推定)OLにも浸透している

 右膝痛もあって今季出場は71試合。何より打率2割4分2厘という不本意な成績も、5月の通算2000安打達成の余韻を奪い去った。クライマックスシリーズ中に戦列復帰後、ベンチスタートの試合もあれば、送りバントを命じられた試合もあった。

 契約更改後の会見で、今季印象に残っているのは「開幕戦の3打席ですかね」と明かし、当時オリックスの西との対戦を振り返った。

 「1打席目はライトにいい当たりを打って、飛び付いて捕られた。2打席目がいい当たりでセンターライナー。ボールに逆らわず打って成績が出ないなら、強引に結果を出してやろうと、3打席目で外のスライダーを打ってショートゴロ。あの3打席で、自分の中で、全ておかしくなったなという感じ。あとは最終打席ですかね。今年は4番としてやるんだ、という思いの中での空振り三振。開幕戦で全て苦しくなってしまったというか。去年までのものを払しょくしてやろうという思いが違う方向に出たかな」

 この話は近年、内川が抱えた苦悩の地図ともいえる。「年齢を重ねると経験、感覚とか、いろんなものが増える反面、どれを選択していいか分からなくなるところもあった」。今季にあてはめて「結局、何がどうなっていて、どれが原因か、探しきれないままシーズンを過ごしてしまった」と反省した。




 そこで、このオフの初め、またV旅行後に単独でハワイに残って自主トレを続けていた間に「内川聖一がどういうバッティングをしたいのか、しっかり自分の映像を見直して、何が原因だったのかを考えた」という。

 意外にも、そうやって映像を見返すのは「初めてじゃないですか」と打ち明ける。

 「去年までは、見つめる範囲が少なくても、いつか戻ってくるだろうっていう感覚で。ちょっと自分をナメていたというか。ひと冬しっかりやれば(感覚が)戻ってくるでしょ、って気持ちだったのが、いや、もしかしたらそうじゃないのかな、っていうところ」





人気ブログランキング

ランキングに参加しています。クリック応援よろしくお願いします。m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-未分類

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.