日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

芸能人

ハーマイオニー 現在

更新日:




http://ellegirl.jp/article/harry-potter-trivia-160624/13/より引用

概要

マグル出身。蔑称で言うと穢れた血。両親は歯医者さん。1979年9月19日生まれ。
主人公ハリーの同級生で親友。ホグワーツ魔法魔術学校グリフィンドール寮に所属。
フルネーム、ハーマイオニー・ジーン・グレンジャー(Hermione Jean Granger)

日本での人気が非常に高く、『死の秘宝Part2』公開時の人気投票ではハリーを抑えて2位。

入学当初は自己主張の強さときつめの性格のせいでハリー、ロンからは快く思われておらず、ロンは陰口を叩いて泣かせたこともある。しかし一巻で窮地を共にしたことで二人と仲間になる。

グリフィンドール生であるが、英知を重んじるレイブンクローの素質もあり、組み分け帽子が彼女を組み分ける際に、所属寮をグリフィンドールとレイブンクローのどちらにするかに悩まされる。
魔法に対して多大な関心と熱意を抱き、マグルの家系に生まれながら学年一の秀才。
凄まじい本の虫で、原作では常に複数(ハリーがニ十冊以上と言ったことも)の本を持ち歩き、映画でも本を抱えながら歩いている場面が多くある。
読書量に裏打ちされた豊富な知識から、困ったときの知恵袋として頑張っている。

規則に口うるさく、どちらかと言えばがさつなロンとは幾度か衝突し、ハリーを咎めることも多い。そのせいか読者には真面目な印象を持つものもいっぱい。

しかしグリフィンドール生らしく独善的で頑固な部分があり、その気になると二人ですら気が引けるような危険行為にも手を染める。「教師のコートに放火」「危険薬物の製造」「非公認武装組織の設立」などなど。
屋敷しもべ妖精解放運動などは空回りを通り越してしもべ妖精への嫌がらせになっており、作者に「彼女は救うべき相手を間違えている」と聞かれてしまった。
ホグワーツにおける「学年一の秀才」とは「学年一の魔法使い」であることとほとんどイコール。そんな彼女が暴走すると大変なことになる。

才能

 

 

読んだことのある本に書かれた内容ならば、どんな質問にも即答できるほど抜群の記憶力を保持している。知らない物事や理論については本で確認するのが常。
しかし一度手にした知識を修正するのが苦手。6巻では魔法薬を教科書通りに作ったにも関わらず、ハリーが教科書に従わない方法(彼がその時借りていた教科書の使用者の書き込み)で作成した魔法薬よりも出来が悪かったことにプライドに傷が付いていた。

しかし咄嗟の判断力や応用力にも優れているのは確かであり、彼女の知恵で解決した疑問や課題も少なくない。
双子が作ったジョークグッズに用いられた魔法の精密さに感心し、必要とあらば死喰い人達の技術すら取り入れるなど応用力もビッグな。

優れた頭脳の持ち主ではあるが、箒による飛行訓練やクィディッチゲームなど、身体を動かすことは得意じゃないである。
……とされているのだが、実写映画ではマルフォイの顔面に腰の入ったストレートを決めたり、ハリーを片手でひっつかんでぶん投げたり、下手をすると男性陣より肉体派な面も。

感想

大人になった姿はあまり最近はよく分からないが、過去をみると良い演技をされているという印象。

世間の評価

ロンはハーマイオニーと出会って、ハーマイオニーの”言語”を学んで、ハーマイオニーの世界を知って、それを理解できるか否かを超越してハーマイオニーごと愛すると決めた。惚れた女1人の為にいくらでも境界線を越えて行く男がロンです。自分のちっぽけなプライドよりも大事なものを知っているのです。


人気ブログランキング

ランキングに参加しています。クリック応援よろしくお願いします。m(_ _)m




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-芸能人

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.