日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

未分類

メドベージェワ、環境も髪形も一新「新しい自分感じる」

更新日:




■得点は伸び悩むが…

 失意の平昌五輪から半年余り。メドベージェワの今シーズンが開始された。演技冒頭の3回転ルッツはエッジの使い方が不鮮明と認識されるなど、得点は伸び悩んだが、「ちょっと緊張していた。でも、いつものことだから」と、あっけらかんと振りかえる。

 今季からカナダ・トロントに拠点を移した。羽生結弦(ANA)のコーチでもあるブライアン・オーサー氏のアドバイスをいただく。新居の契約、リンクまでの道のり、すべてが新鮮だった。そして、「彼らは本当にうまい。すべてが違っている」。羽生をはじめ、男子選手と一緒にこなす練習に刺激を受ける毎日だ。

 髪形も、おでこを出していた五輪までとは一変し、前髪を下ろした。「何かを変えるためには、自分から変わらなければと思った。ヘアスタイルも新しくしました。気に入っています。新しい自分を感じます」。18歳は、変化を恐れない。

フィギュアスケートのオータム・クラシックが20日(日本時間21日)、カナダ・トロント郊外のオークビルで開幕した。女子ショートプログラム(SP)は、平昌(ピョンチャン)五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が70・98点で首位に立った。昨季の世界選手権2位の樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)は57・54点で4位、松田悠良(中京大)は47・75点で12位でスタートした。

【写真】SPの演技後、取材に応じるメドベージェワ

 21日(同22日)は男子のSPがあり、ソチ、平昌と五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が登場する。

エフゲニア・アルマノヴナ・メドベージェワ(ロシア語: Евгения Армановна Медведева、ロシア語ラテン翻字: Evgenia Armanovna Medvedeva、1999年11月19日 - )は、ロシアのフィギュアスケート選手(女子シングル)。なお、姓は「メドベデワ」と表示されることもある。

主要な戦績として、平昌オリンピック銀メダル、世界選手権2連覇(2016年-2017年)、欧州選手権2連覇(2016年-2017年)、グランプリファイナル2連覇(2015年-2016年)、2015年世界ジュニア選手権優勝。ロシア選手権2連覇(2016年-2017年)など。

世界記録は2016年から10度にわたって更新作業しており、女子シングル競技におけるフリースケーティング(160.46点)、トータルスコア(241.31点)の現世界歴代最高得点記録保持者である。世界ランキング最高位1位。現在の世界ランキングは2位(2017-2018シーズン)。

 フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がインスタグラムを更新。おでこを出している毎日とは違う前髪を下ろした姿を作ると、ファンからは「驚いた!凄く可愛い」などと続々と歓喜の声が割高になっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 メドベージェワのプライベートショットが話題を呼んでいる。自室での非常にリラックスした様子の1枚だが、いつもと様子が違う。前髪を下ろしているのだ。投稿には「2005年時の私 正確に言うと、6歳の時こういう髪型をしていた」とつづっており、幼少期を思い返しているようだ。普段の大人びた印象から一転、18歳らしいあどけなさが目立つ雰囲気に一変する。

 前髪ありの1枚には、海外ファンも驚きながら、好感度を送っている。

「似合ってる」
「なんて美しいんだ」
「どんな髪型も似合うね」
「本当絵になる」
「これからこの髪型で良いと思う」
「驚いた!凄く可愛い」
「こんなに美貌と才能も持ち合わせているなんて、可愛い」

 カナダのブライアン・オーサー氏のもとで練習を積むメドベージェワ。新プログラムもすでに発表されており、新シーズンへむけて9月9日にはロシアで恒例の演技会に出演する。新たな演技と共に、今後は髪型にも注目だ。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-未分類

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.