日常の役に立つ情報を発信していきます。

shinnblog

  • マクラーレンを試乗してきたのでレビューを行います。

未分類

りぼん新連載「さよならミニスカート」待望の2話配信

更新日:




少女漫画雑誌「りぼん」9月号(集英社、8月3日発売)で始まった牧野あおいさんの新連載「さよならミニスカート」が大きな話題になっています。新連載としては異例の特設ページがオープンし、りぼんの相田聡一編集長による「この連載は、何があろうと、続けていきます」という“激推し宣言”が掲載されているのです。

相田編集長は「このまんがは、異例です。面白さも異例ですが、何よりも私たち編集部のココロの動かされ方もまた、異例でした」「このまんがに関しては、何があろうと、読者のみなさんに面白さが伝わるまで、連載をし続けていきます。それくらいの覚悟を示せるまんがと出会ってしまったのです」と絶賛。

さらに「少女たちだけではなく、いつかの少女たち、今は大人の女性になった、かつての『りぼん』読者たちをも大切にすることができるまんが」「このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない」と、幅広い年代に響く作品であると力強くオススメしています。

「りぼん」9月号でも、巻頭カラー&一挙65ページの大ボリュームでスタート。「超待望の登場! このお話の展開を、誰にも話さないでください」とのアオリ文を入れています。Web特設ページや「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」などのマンガアプリでは1話の3分の1ほどが分割して掲載されています。

主人公は神山仁那。高校で1人だけ、スラックスで通学している女の子です。黒髪ショートカットで目つきは悪く、男子に対しても女子に対しても心を閉ざしています。

Read more: https://www.excite.co.jp/News/it_g/20180804/Itmedia_nl_20180804035.html#ixzz5OoardXAc

女の子漫画マガジン「りぼん」9月号(集英社、8月3日発売)で開始された牧野あおいさんの新連載「さよならミニスカート」がビッグな流行となっています。新連載としては異例の特設ページがオープンし、りぼんの相田聡一編集長による「この連載は、何があろうと、継続的にいきます」という“激推し断言”が記載されているのです。

相田編集長は「このまんがは、別格です。奥深さも異例ですが、何よりも私たち編集部のココロの動かされ方もまた、異例でした」「このまんがに関しては、何があろうと、読者のみなさんにお楽しみが伝わるまで、連載をし続けていきます。それくらいの覚悟を示せるまんがと顔を合わせてしまったのです」と賞賛。

さらに「少女たちだけではなく、いつかの少女たち、今は成人の女性になった、かつての『りぼん』読者たちをも大切にすることができるまんが」「このまんがに、一切関知しない女子はいても、無縁である女子はいない」と、広範囲な年代に響く作品であると力強く推薦しています。

「りぼん」9月号でも、巻頭カラー&一挙65ページの大音量でスタート。「超待望の登場! このお話の開設を、誰にも話さないでください」とのアオリ文を入れています。Web特設ページや「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」などのアニメアプリケーションでは1話の3分の1ほどが区分けして取りあげられています。

主人公は神山仁那。ハイスクールで1人だけ、スラックスで通学しているお嬢さんです。黒髪効果的な方法で目つきは悪く、男子に対しても女子に対しても心を閉ざしています。

話題の新連載「さよならミニスカート」

少女漫画雑誌「りぼん」9月号(集英社、8月3日発売)で始まった牧野あおいさんの新連載「さよならミニスカート」が大きな流行となっています。新連載としては異例の特設ページがオープンし、りぼんの相田聡一編集長による「この連載は、何があろうと、ぶっ続けていきます」という“激推し宣言”が書かれてるのです。

【画像】りぼん編集部の“異例”の宣言

相田編集長は「このまんがは、異例です。面白さも異例ですが、何よりも私たち編集部のココロの動かされ方もまた、別格でした」「このまんがに関しては、何があろうと、読者のみなさんに面白さが伝わるまで、連載をし続けていきます。それくらいの覚悟を示せるまんがと顔を合わせてしまったのです」と絶賛。

さらに「少女たちだけではなく、いつかの少女たち、今は大人の女性になった、かつての『りぼん』読者たちをも大切にすることができるまんが」「このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない」と、幅広い年代に響く作品であると力強くお勧めしています。

「りぼん」9月号でも、巻頭カラー&一挙65ページの大ボリュームでスタート。「超待望の登場! このお話の展開を、誰にも話さないでください」とのアオリ文を入れています。Web特設ページや「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」などのマンガアプリでは1話の3分の1ほどが分割して取りあげられています。

主人公は神山仁那。高校で1人だけ、スラックスで通学している女の子です。黒髪ショートカットで目つきは悪く、男子に対しても女子に対しても心を閉ざしています。そんな彼女に対して、男子の一部は「俺 あーいう女一番苦手 アレが得意な男とかいんのかよ(笑)」と毒づき、女子たちは「高1にして中2病かよ」と遠巻きにしています。

「神山さんってどうしてスカート履かないの? 神山さんって実はスタイルいいよね!? もったいなよ~っ」「…もったいないって何? 自分にはそれ以外無いってこと?」

彼女がスラックスを履いているのはなぜなのか。彼女に一体何が起きたのか。それは1話の中盤で明かされます(ここではネタバレは控えておきますので、本誌やデジタル配信で確認してみてくださいね)。キーワードとなるのは、半年前に起こった“人気アイドルグループ「PURE CLUB」握手会での事件”です。

第一話

どんな物語なのか

少女漫画雑誌「りぼん」9月号(集英社、8月3日発売)で連載を開始した牧野あおいさんの『さよならミニスカート』は、「りぼん」の主要読者だけではなく、大人の女性や男性を巻き込む大きな注目されました。相田聡一編集長によって「この連載は、何があろうと、続けていきます」という“激推し断言”が載っていたからです。

異例の宣言に興味を引かれ、久しぶりに雑誌を手に取った読者を待っていたのは、「アイドル」を取り上げたピンと糸が張られたようなストーリー。主人公は、学校で唯一スラックスを履く女子生徒・神山仁那です。

実は彼女は半年前まで、アイドルグループ「PURE CLUB」の“鉄板のセンター”でした。しかし握手会でファンに刃を向けられたことで心と体に深い傷を負い、アイドルを引退した――という過去をもちましていたのです。

1話は彼女の現在と過去、どこか息苦しい高校のクラスメイトたちのやりとり、仁那の心の扉を開けてくれた少年・光との関係が緊張感たっぷりに描かれ、「『りぼん』でこんなお話が記録されるのか」「このお話はどういう方向に進んでいくのか」とざわめきが広がりました。

ねとらぼでは、「りぼん」の相田聡一編集長と『さよならミニスカート』担当編集者に取材。“激推し宣言”のワケと、『さよならミニスカート』が生まれるまでの秘話、さらに2話についても聞いてきました!

●『さよならミニスカート』だからこそ、この“推し方”になった

――異例の推しが大きな話題になりました。

1話「第1回」のネタバレ

ミニスカートを履いたアイドル「PURE CLUB」は、シングル100万枚売上記念で全国握手会ツアーをしていた。
5人メンバーの中でも、一番人気があるのはセンターである雨宮花恋。握手会の中でも長蛇の列が作られている。

列の中にずぶ濡れの男がいて、そんな相手に対しても屈託のない笑顔でありがとうとお礼をして握手をする花恋。

——————
半年後、舞台は変わってとある高校。
柔道部に所属する光は、他の女子に対する格付けをしている男子に加わらず黙々とトレーニングをしている。

柔道ばかりしていないで好みのタイプを教えろとどつかれ、よろめいた光るは、スラックスを履いている単発黒髪の小柄な生徒にぶつかってしまう。
その生徒に「どけよ」と凄まれる光る。
ぶつかった相手は神山仁那という、学校で唯一スラックスを履いている女の子だった。
光は心ここにあらずな様子でトレーニングに戻る。

長栖未玖はスカートをミニ丈にしている女の子で、他の女子たちとスカートの丈について楽しそうに会話している。
ふと視界の端に神山を見つけ、一緒に話そうと誘うが無視されてしまう。
自分から近づいていき、神山に「どうしてスカートを履かないの」と聞く未玖。スタイルがいいんだから、履かない手はないよと。

すると暗い顔で、自分にはスタイルがいい以外無いということかと返す神山。
それを見て、何かを悟ったかのように未玖は女子たちの輪に戻る。
そっけない態度の神山に対して、日頃の陰口を言う女子たちと、それをなだめる未玖。

しばらくすると先生が入ってきてホームルームがスタートする。
突然、女子は放課後の部活動が当分禁止になるという告知がされる。
どよめくクラスに、他校の女子生徒が下校中変質者に襲われたことが原因だと先生が押し込む。
そのため、女子は集団下校するようにと。

放課後、光の柔道練習を見学しにくる未玖とその友達。
光と未玖は仲が良いらしく、じゃれ合う2人を見て嫉妬する他の柔道部員の男子たち。

ふと、道場の外を見ると神山が下校しようと通りがかるのが見えた。
ひとりで大丈夫かと声をかける光。それについては、怪訝な顔で応じる神山。
周りの女子が、神山が変質者に襲われることは無いと笑う中、光はそうかなと独りごちる。
そしてそれを無言で見つめる未玖。

神山は下校していると、後ろを歩く人の足音が気になってしかたない。
ストーカーの恐怖が脳裏にちらつくのだ。
後ろの人がただの一般人だとわかり安堵すると、スマホが鳴り「サラ」という人物から電話が入ってくる。

マンションに入りながら電話していると、ぼっちなら彼氏を作れとお考えの。
その言葉に、自分は男に媚び売るようなバカな女ではないと怒る。
ふと我に返り謝る神山に、サラはあなたは「神山仁那」で普通に友達を作ったり恋愛を可能であるなら諭す。

部屋に戻りテレビをつけると、PURE CLUBが番組に参加している。
「半年」の休止期間を経て活動再開したようだが、センターの雨宮花恋がおらず4人編成となっている。
番組では、スカートに対して司会がセクハラ発言を繰り出している。それを見て、昼間未玖に言われた「どうしてスカートを履かないの?」という言葉を思い出し、うるさいと一人言を漏らす。
暗い部屋で膝を抱えてうずくまりながら……。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

-未分類

Copyright© shinnblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.